ニュース
» 2014年01月17日 17時33分 公開

サル界に衝撃? 「バナナは健康に悪いのであげません」とイギリスの動物園が宣言

人間向けに品種改良されたバナナはサルには甘すぎるとのこと。

[ねとらぼ]

 サルの好物というイメージが強いバナナですが、英国デヴォン州のペイントン動物園が1月14日、サルにバナナを与えない方針を発表しました。人間向けに品種改良されたフルーツはサルにとっては糖分が多すぎて健康に悪いらしく、その筆頭にあるのがバナナなのだそうです。

画像 ペイントン動物園公式サイトの発表

 動物の栄養学の専門家Amy Plowman博士によると、品種改良されたフルーツは野生のものに比べて、糖分が多く、たんぱく質と食物繊維が少ないとのこと。これを動物にあげるのはチョコやケーキをあげるのに等しいとしています。

 バナナも野生のものと比較すると非常にカロリーが高く、歯に悪い糖分を多く含み、糖尿病などの病気をもたらす可能性があります。また猿の胃は繊維豊富なエサを食べるのに適しているため、野生でないバナナは胃腸に問題を起こすおそれも。

 代わりにエサとして適しているのは野菜。特に緑の葉の野菜は、たんぱく質・食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富でいいそうです。ペイントン動物園ではフルーツを使わないことで、動物たちの健康改善と習慣の変化が見られたとしています。霊長類は毛皮の状態がよくなり、マーモセットのような集団行動する小型サルは糖分が減ったことで攻撃性が弱まり、群れがより安定するようになったといいます。

 サルとバナナの組み合わせは定番だっただけに驚きの事実です。ペイントン動物園の取り組みが世界の動物園のサルにどう影響を与えるか気になるところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響