ニュース
» 2014年02月23日 15時36分 公開

ぼよよ〜ん! 15キロの巨大ボールをかぶって走り回る「バブルサッカー」やってみた

ビニール製の巨大なボールを上半身にかぶってサッカーをする「バブルサッカー」に初挑戦しました。

[朝井麻由美,ねとらぼ]

 ビニール製の巨大なボールを上半身にかぶってサッカーをする「バブルサッカー」が日本に上陸したのは既報の通り。もともとはヨーロッパのバラエティ番組から生まれたスポーツだ。その記念すべき最初の大会にさっそく参加してきた。現在、3月、4月の大会のエントリーも募集している

画像 試合前にコートに転がるバブルをかぶる
画像 ユニフォームを着たガチなチームもいれば、私服のチームも

 バブルサッカーのルールは基本的にはフットサルと同じ。ただし、キーパーを決める必要はない。チーム内全員等しく上半身はバブル状態になっていて手を使えないため、ゴールを守るときは体当たりで弾き飛ばすなどして守る。バブルサッカー特有の反則ルールとしては、以下がある。

  • ヘッドイン:バブルの中に、頭の穴からボールが入ってしまうこと。ほかのプレイヤーがボールを触れなくなるので、試合を一時中断する。
  • バブルアタック:バブルで相手に体当たりをすること。ボールを持っている人へのアタックはOK。ボールが関係ないところではNG。

 今回は8チームの総当たり戦。ルール説明が終わると、さっそく試合が始まった。

画像 筆者のチーム。前列中央の男性は猫ひろしさん。お仕事でやって来たのではなく、マラソンの練習コースの途中に会場があったためついでに参戦したそうです

 まずは各々がバブルを着る。バブルの高さは1.2メートルほど、そして重さはなんと15キログラムもある。

画像 まず、バブルの内部にあるバンドを肩にかけて、リュックのように背負う
画像 写真の穴の上部にあるのがバンド

 そして、背負って立ったときに首のあたりにくる取っ手を両手で持つ。

画像 取っ手
画像 穴に頭を突っ込んで……
画像 バンドを背負って取っ手をつかんで……
画像 装着完了!

 全員がバブルを装着したら、チームのゴール前に陣取る。笛が鳴ったら、コートの真ん中に置かれたボールを目指して走る。ボールを触った瞬間から試合スタート!

画像 互いのバブルが弾き合ってボーン! と吹っ飛びます

 が、とにかく視界が悪い。そして、重くて走るどころではない。小走りでボールの近くをうろうろするのがやっとだ。

動画が取得できませんでした
画像 蹴る
画像 ぶつかる
画像 転ぶ

 ただ、このバブルの重さゆえに、男女の力の差があまりなくなっていたのは特筆すべき点だ。もちろん、男性のほうが重いバブルを着て俊敏に動けるが、それにも限界があるため、そもそもの試合の動き自体が普通のフットサルよりも遅い。また、自分の目の前にボールが来たとき、これまたバブルの重さゆえにすぐに奪われることはないので、運動が苦手でも役に立てる。

 そして、注意事項としては、あまり変に凝った動きや作戦をやろうとするよりも、普通にフットサルをするつもりで挑んだほうが、結果的に楽しくなる。筆者のチームは、バブルを装着して気持ちが高ぶるあまり、「1つのボールを全員で取り囲んで、バブルの面積で入り込めないようにしてそのままゴールまで歩こう」「この試合では走らずになるべく転がってみよう」などと、試合ごとにバブルを生かしたプレイをしようとしたものの、どれもイマイチうまくいかなかった。

 思った以上にバブルを手のひらで転がすのは難しいのだ。ボールを目がけて真剣にプレイする中で、互いのバブルがぶつかり合って吹っ飛んだり、飛んできたボールをたまたまバブルで弾いたり、そんな偶発的なものが一番ゲームを面白くしていた。バブルは操るものではない。操られるものなのである。


画像画像 途中、妙な作戦を試しすぎたのもあり、3位という半端な結果に(左) 今回の優勝チーム。初代バブリストチャンピオン(右)

画像 同じチームの皆様、ありがとうございました!

朝井麻由美(@moyomoyomoyo)は、体当たり取材・イベント取材を得意とするフリーライター。一風変わったスポットに潜入&体験した記事は100本を超える。主に「週刊SPA!」や「DIME」などの男性誌で執筆するほか、「日刊サイゾー」ではB級スポットを巡る「散歩師・朝井がゆく!」を好評連載中。ゲームと雑貨とパズルが好き。コスプレするのもわりと好き。ウニとイチゴがあればだいたいご機嫌。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」