ニュース
» 2014年03月07日 10時05分 公開

学会誌「人工知能」最新号の表紙や小特集がいい返しだと話題に 女性ロボットが今度は……

表紙から女性型ロボットの姿は消えたけど、今度は女性型ロボットの視点?

[ねとらぼ]

 女性形ロボットを描いた表紙がネットで議論を呼んだ、人工知能学会の学会誌「人工知能」。このたびその次号となる「29巻2号」が発刊され、その表紙イラストや小特集が前回の議論に対するいい返しになっていると、一部で話題になっています。

画像 「人工知能」29巻2号の表紙(提供:人工知能学会)

画像 こちらは前号の表紙

 前号の表紙イラストは、女性型のロボットがほうきを手にしながら本を開いていて、背中には充電ケーブルらしきものがつながっているというもの。ネットでは「萌えた」という肯定意見もある一方で、「女性差別ではないか」という批判も飛び出ました(批判に対しては人工知能学会は公式サイトでコメントを発表)。

 今号では女性ロボットの姿が見えなくなった代わりに、あるロボットの視点で子どもを認識したイラストになっています。ロボットがほうきと開いた本(中身はヘーゲルの「精神現象学:Phänomenologie des Geistes」)を手にしているところから、どうもイラストの視点は前回の女性ロボットのもののようです。

 さらに誌面では、「『人工知能』表紙問題における議論と論点の整理」と題した小特集を組んでいます。小見出しも「『人工知能』誌の表紙デザイン 意見・議論に接して」や「『人工知能』の表紙に関するTweetの分析」と、表紙イラストが議論を呼んだことをテーマにしているようです。

 Twitterでは今号の表紙イラストや小特集に対して、「いい批判への返しですね」「この表紙論争に対する返しは見事だ。これぞ研究者の鏡」「これは凄い。反応すら研究材料に」など、前号の騒動へのいい返し方だと、今のところ肯定意見が多く見受けられます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/05/news018.jpg ひぇ……! 橋がポッキリ折れる インドで重機を積んだトラックが巻き込まれた崩落事故の映像がこわい
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/05/news023.jpg 「玄米2合はやべえ」 つけもの、汁物、手前みそ、塩、玄米2合――社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力
  4. /nl/articles/2007/04/news037.jpg 「寝かしつけあるある」「再現度高すぎて笑う」 エヴァ初号機がシルバニアの赤ん坊を寝かしつけるコマ撮りアニメがリアル
  5. /nl/articles/2003/29/news017.jpg 2台のクルマが事故……と思いきや トヨタ製ピックアップトラックが起こした事故がえげつない 米コロラド
  6. /nl/articles/2007/05/news010.jpg 「姉が小説をpixivに上げてる」 従姉妹からの相談に笑うことしかできなかった実録漫画に「血は争えない」
  7. /nl/articles/2007/05/news026.jpg 「ダメだ、どんどん不気味なものが出来ていく」 こしあんを注射器で注入したら閲覧注意な水まんじゅう誕生
  8. /nl/articles/2007/03/news009.jpg 彼女にフラれては飼い猫に泣きつく男子 ラブコメ漫画と思いきや……思わぬ展開にゾクッ
  9. /nl/articles/2007/04/news026.jpg 素人には扱えない超上級者仕様 伊勢谷友介がこだわりのカスタムハーレー披露、大金かけて「わざわざ難しいのを作った」と豪語
  10. /nl/articles/2007/04/news023.jpg 「俺はガンダムで行く!」で公式アカウントたちがガンダムで行き過ぎた 「レディ・プレイヤー1」の地上波放送に合わせて歴代ガンダムが参戦