ニュース
» 2014年03月07日 10時05分 公開

学会誌「人工知能」最新号の表紙や小特集がいい返しだと話題に 女性ロボットが今度は……

表紙から女性型ロボットの姿は消えたけど、今度は女性型ロボットの視点?

[ねとらぼ]

 女性形ロボットを描いた表紙がネットで議論を呼んだ、人工知能学会の学会誌「人工知能」。このたびその次号となる「29巻2号」が発刊され、その表紙イラストや小特集が前回の議論に対するいい返しになっていると、一部で話題になっています。

画像 「人工知能」29巻2号の表紙(提供:人工知能学会)

画像 こちらは前号の表紙

 前号の表紙イラストは、女性型のロボットがほうきを手にしながら本を開いていて、背中には充電ケーブルらしきものがつながっているというもの。ネットでは「萌えた」という肯定意見もある一方で、「女性差別ではないか」という批判も飛び出ました(批判に対しては人工知能学会は公式サイトでコメントを発表)。

 今号では女性ロボットの姿が見えなくなった代わりに、あるロボットの視点で子どもを認識したイラストになっています。ロボットがほうきと開いた本(中身はヘーゲルの「精神現象学:Phänomenologie des Geistes」)を手にしているところから、どうもイラストの視点は前回の女性ロボットのもののようです。

 さらに誌面では、「『人工知能』表紙問題における議論と論点の整理」と題した小特集を組んでいます。小見出しも「『人工知能』誌の表紙デザイン 意見・議論に接して」や「『人工知能』の表紙に関するTweetの分析」と、表紙イラストが議論を呼んだことをテーマにしているようです。

 Twitterでは今号の表紙イラストや小特集に対して、「いい批判への返しですね」「この表紙論争に対する返しは見事だ。これぞ研究者の鏡」「これは凄い。反応すら研究材料に」など、前号の騒動へのいい返し方だと、今のところ肯定意見が多く見受けられます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響