ニュース
» 2014年03月07日 10時05分 公開

学会誌「人工知能」最新号の表紙や小特集がいい返しだと話題に 女性ロボットが今度は……

表紙から女性型ロボットの姿は消えたけど、今度は女性型ロボットの視点?

[ねとらぼ]

 女性形ロボットを描いた表紙がネットで議論を呼んだ、人工知能学会の学会誌「人工知能」。このたびその次号となる「29巻2号」が発刊され、その表紙イラストや小特集が前回の議論に対するいい返しになっていると、一部で話題になっています。

画像 「人工知能」29巻2号の表紙(提供:人工知能学会)

画像 こちらは前号の表紙

 前号の表紙イラストは、女性型のロボットがほうきを手にしながら本を開いていて、背中には充電ケーブルらしきものがつながっているというもの。ネットでは「萌えた」という肯定意見もある一方で、「女性差別ではないか」という批判も飛び出ました(批判に対しては人工知能学会は公式サイトでコメントを発表)。

 今号では女性ロボットの姿が見えなくなった代わりに、あるロボットの視点で子どもを認識したイラストになっています。ロボットがほうきと開いた本(中身はヘーゲルの「精神現象学:Phänomenologie des Geistes」)を手にしているところから、どうもイラストの視点は前回の女性ロボットのもののようです。

 さらに誌面では、「『人工知能』表紙問題における議論と論点の整理」と題した小特集を組んでいます。小見出しも「『人工知能』誌の表紙デザイン 意見・議論に接して」や「『人工知能』の表紙に関するTweetの分析」と、表紙イラストが議論を呼んだことをテーマにしているようです。

 Twitterでは今号の表紙イラストや小特集に対して、「いい批判への返しですね」「この表紙論争に対する返しは見事だ。これぞ研究者の鏡」「これは凄い。反応すら研究材料に」など、前号の騒動へのいい返し方だと、今のところ肯定意見が多く見受けられます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」