“敵”が“先生”になる日――コンピュータ将棋ソフト開発者 一丸貴則さん・山本一成さん(後編)(4/4 ページ)

» 2014年04月25日 11時00分 公開
[杉本吏ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

次代の「純粋なるもの」

 しかし、先輩棋士たちにとって、そんな外的状況の変化よりももっと信じられないのは、羽生たちの世代が将棋に対して、きわめて合理性を尊重し、真理・真実を追求するという姿勢でのみ臨んでいる姿を見ることであった。(中略)大事なのは最高の舞台で、最高の相手と、最高のコンディションをもって、最高の将棋をつくり上げることでしかないのだ。そのプロセスを経て勝つこと。それでこそ棋士の、自分たちの生きている意味がある。

(『純粋なるもの』 島朗 pp.51-53 より)

 一丸さんは、対戦相手へのソフト事前提出が必須ではなかった第2回電王戦において、人間側の棋士5人全員にツツカナを自発的に提出した。人間とは違うコンピュータソフトの特徴や傾向を棋士が事前に把握し、対局本番で全力を出し切ってもらえるようにするためだ。

 ただ、無策でプロ棋士に数カ月間のソフト研究を許せば、ツツカナの致命的な弱点を見つけ出され、本番で何一つできないままに敗れ去る可能性もある。そこで本番では、序盤で定跡を外す一手をあえてツツカナに指させるようにインプットした。人間に研究され尽くした定跡を外れることで、プロ棋士とツツカナの双方が、持てる本来の実力を出し切った上で真剣勝負ができると考えたからだ。

 「棋士に勝ちたい」でも「棋士に勝ってほしい」でもない。「棋士とソフトがお互いに全力を出し切り、最高の将棋をつくり上げた上で、棋士に勝ちたい」と考えたのだ。

 私にはむしろ別の目的で将棋に打ち込んでいる棋士の方がはるかに多いという気がしてならなかった。それはあたり前かもしれないが、「将棋をどこまで知ることが可能なのか」という問いに取り組んでいるということだ。そうでなければ、対局が終わったあとの感想戦(反省会)で互いに読み筋を交換し合い、いろいろな考え方を学ぶ作業がむなしいものに変質してしまうだろう。対局中は勝ちを求めて争っているが、対局終了後の感想戦では、みんな自然に真理を追究する顔に変わっていく。

(『純粋なるもの』 島朗 pp.19-20 より)

 通常の人間同士の対局では、終局後に双方の指し手のどこが良かったのか、悪かったのか、途中どんなことを考えていたのか、さらに良い手はないかなどを、駒を動かしながら検討する「感想戦」を行う。長時間の対局を終え、お互いに憔悴しきった状況ですら、感想戦は数時間に及ぶこともある。激戦の余韻が残る中で言葉を交わしながら、棋士たちは徐々にその熱を放散させていく。

 何度も電王戦の対局を観戦する中で、どこか物足りなく感じている部分があった。感想戦が、ないことだ。

 第3回電王戦の対局終了から数日後、一丸さんと山本さんは、ツツカナとPonanzaの対局時の思考ログをWeb上で公開した。そこには、コンピュータソフトがその局面でどんな手を読み、どんな形勢判断をし、どんな迷い方をしていたかが克明に記されていた。棋士や将棋ファンはそのログを深く読み込み、それを受けてさらにまた活発な議論がなされた。それは本来より遥かに多くの人を巻き込んで行われた、形を変えた感想戦だった。


 かつて、羽生善治三冠や森内俊之竜王名人、佐藤康光九段といった現在の棋界トップに君臨する棋士たちがまだ十代後半の若手だったころ、共同で将棋の勉強をする「研究会」を実施していた時期があった。今では伝説として知られているその研究会、通称「島研」を主宰していた島朗九段は、彼ら若手に共通する将棋の真理を追究する姿勢を、その著書の中で「純粋なるもの」と呼んだ。

 彼らは当時未開拓だった序盤戦術を整備し、持ち前の高い終盤力を生かして、棋界の多くの常識を塗り替えていった。盤外戦術によって勝ちを拾うのではなく、技術を高め将棋の真理に近づくことで、自分が将棋を指す理由を見つけようとした。

 それから20年以上の歳月が流れた今、コンピュータ将棋ソフトによって、棋界の趨勢は再び大きく動こうとしている。コンピュータ将棋ソフト開発者には、棋士たちと変わらない「純粋なるもの」が流れている。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」