ニュース
» 2014年05月21日 21時48分 公開

「七味唐からし」←まさか「しちみとうがらし」って読んでないよね?

エスビー食品広報確認済み。

[太田智美,ねとらぼ]

 ご存じ、エスビー食品から発売されている「S&B七味唐からし」。日本だけでなく海外の飲食店で見かけることも多い。一見いつも見る「S&B七味唐からし」と同じ。しかし、裏面を見てみると……


画像(一見いつも見る「S&B七味唐からし」) 一見いつも見る「S&B七味唐からし」

画像(裏面を見てみると「NANAMI」の文字が! 誰それ!??) 裏面を見てみると「NANAMI」の文字が! 誰それ!??

 NANAMI TOGARASHI!? 少し考えると、「NANAMI=七味」だということに気付く。なるほど、日本語を間違えて訳しちゃったのね!

 というわけではない。実はこれ、エスビー食品があえて行っていることなのだ。エスビー食品の公式ホームページによれば、日本のものと海外のものでは商品名をわざと変えているとのこと。「しちみ」と「いちみ」の発音が似ているため、商品が混同しないように、英語表記では「NANAMI TOGARASHI」としているそうだ。また日本では「しちみとうがらし」と濁って発音されることが多いが、エスビー食品広報担当者によると、正式な発音は表記通りの「しちみとうからし」とのこと。海外表記で「TOGARASHI」となっているのは、発音のしやすさを考慮したものだという。

 ちなみに、材料も日本と海外のものでは少し違う。「唐辛子、山椒、陳皮、青のり、ごま、麻の実、けしの実」の7種類のスパイスを材料としている日本の「S&B七味唐からし」に対し、輸出用の「S&B七味唐からし」では食品に関する法規制の影響により「けしの実、麻の実」の代わりに「白ごま、しょうが」が入っている。日本向けの七味唐辛子に入っている「けしの実、麻の実」については、無毒の種子を使用かつ発芽しないように熱処理されているため、安全性には全く問題がないという。

 旅先のちょっとしたトリビア。「発音が似ているから間違えないように商品名を変えてしまう」なんて、それこそ日本の“おもてなし”の心なのかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」