ニュース
» 2014年06月03日 00時00分 公開

「異例の大抜てき」――17歳の漫画家・長谷垣なるみさんが「なかよし」で初の連載 “イケメン科学者”描く

15歳で漫画家デビューした期待の新人が連載スタート!

[宮本真希,ねとらぼ]

 17歳の漫画家・長谷垣なるみさんが、少女漫画誌「なかよし」7月号(6月3日発売)で初めての連載「利根川りりかの実験室(ラボラトリー)」をスタートする。なかよし編集部によると、約60年の歴史を持つ同誌のなかでも10代での連載は「異例の大抜てき」。「少なくとも過去20年くらいいないのではないか」という。

画像 「利根川りりかの実験室(ラボラトリー)」

 長谷垣さんは福島県出身。2012年、15歳のときに「ディア→ディア」でデビュー。その後3作の読み切り・前後編の本誌掲載を経て今に至る。新連載のテーマは「科学」。主人公の女子高生・利根川りりかが、天才科学者「アル」と出会い、運命が変わっていくというストーリーで、毎号過去の天才科学者たちを現代に召喚し、日常のミステリーを解決していく。

画像 1954年創刊のなかよしは日本最古の漫画雑誌です

 初めての連載が決まったことについて長谷垣さんは「すごく緊張しました! 連載をもたせていただくということで、今の自分を見直すことも多かったです。気が引き締まる思いでした」とコメント。「目標は作品を描き続けること。ずっと成長していける漫画家になりたい」と意気込んでいる。ちなみに今苦労していることは「家にファックスがないのでコンビニ通いをしていること」だそうだ。

 原作は小説「浜村渚の計算ノート」シリーズで知られる青柳碧人さんが担当している。また東京大学の学生団体で実験教室などを主催している「東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST」が監修を務める。長谷垣さんが描くイケメン科学者たちに注目だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン