ニュース
» 2014年06月10日 17時30分 公開

安易な「顔なしインタビュー」は放送するべきではないとBPOが提案

テレビの信頼低下を招く。

[ねとらぼ]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会(三宅弘委員長)は6月9日、テレビ番組などで取材対象の顔をボカシやモザイクを施して顔を写さないようにする「顔なしインタビュー」を、各放送局は安易に放送するべきではないとする談話を公開した。

 委員会では「顔なしインタビュー」が日常化することは、「テレビ媒体への信頼低下をテレビ自らが追認している」と危惧。「取材対象者が顔出しでインタビューに応じてくれるかどうかは、テレビという媒体が、あるいは取材者が、どこまで信頼されているかを測る指標の一つである」と、制作側は発言の真実性を担保するため、限られた時間であっても取材対象者と可能な限り意思疎通を図り、検証可能な映像を確保する努力を行うことが大切とした。

 また、プライバシー保護の観点から例外的に「顔なし」とする場合は、「放送された人物が本人であると識別されることのないように慎重に行うべき」であり、その場合は画面上に顔なしである「理由を注記(字幕表示等)することで、メディア取材に対する市民意識を変える努力をすべき」と提案している。

くまのプーさん展

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」