ニュース
» 2014年07月18日 19時49分 公開

LINEスタンプ制作依頼を1000通送信 スパム業者にイラストSNS「TINAMI」が警告

業者は警告を受けた後、TINAMIに謝罪に訪れたという。

[ねとらぼ]

 イラストSNS「TINAMI」で、「LINEスタンプ用の絵を描いて欲しい」という依頼メッセージを複数のユーザーに対し1日100通以上送りつけていたスパム業者が、TINAMIの運営元に警告を受けるという騒動があった。TINAMI側にはユーザーから多数の苦情が寄せられていた。この業者は警告を受けた後、TINAMIに謝罪に訪れたという。

 5月に「LINE Creators Market」が始まり個人・企業問わず誰でもスタンプに“参入”できるようになって以降、クラウドソーシングサービスなどではスタンプ制作依頼案件が増えている。それ自体は問題ないのだが、今回のTINAMIのようなケースのほか、格安料金で依頼されてクリエイターが不愉快な思いをする……というケースもあるようだ。Togetterには依頼を受けたことがある当事者たちの声がまとまっており、話題になっている。

画像 Togetterのまとめ

複数アカウント使い分けてスパム行為

 TINAMIでは、とある業者(1社)が5月ごろから1日100通以上、合計1000通以上、スタンプ制作依頼を送りつけていた。TINAMIのメッセージ機能は1日20通までの制限があり、この業者は複数のアカウントを使い分けていた。TINAMIによると、なかには依頼を何度も受け取ったユーザーがおり、こうした行為がスパムとみなされ通報が運営側に多数寄せられたため、問題が発覚した。この業者はこれまでにも「LINE Creators Market」でスタンプの販売実績がある。

 TINAMIは公式Twitterアカウント「@tinami_info」で、業者に警告したこと、その後業者が「アポ無し」で謝罪に訪れたことを報告。「今回は、クリエイターのアプローチに問題があり、その手法によりTINAMIのユーザーさんが迷惑を被ったわけなので、それについては丁重に謝罪をもらい、そして今後の防止を約束してくれました」「勧誘手法については問題があり指摘をしましたが、実際のクリエイターとの仕事の仕方について問題があったわけではありません」としている。

 「LINE Creators Market」は誰でもLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム。6月の発表では、1カ月間のスタンプ販売総額は1億5000万円を突破。人気10位までの平均販売額は平均470万円となっており“スタンプ長者”が生まれている。企業による活用も広がっており、例えばクラウドソーシングサービスのランサーズは特設サイトで「3万円で最大40提案が集まる」とアピール。スタンプを制作できるクリエイターの需要は高まっているようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」