ニュース
» 2014年09月16日 14時17分 公開

もんげー! 「妖怪ウォッチ」のジバニャンプラモを改造する人たちが続々登場

自分だけのプラモが絶妙なハーモニーをかもしだしてるにゃん。

[高城歩,ねとらぼ]

 バンダイから発売されている「妖怪ウォッチ」プラモデルシリーズ。ジバニャンやロボニャン、ブシニャンをはじめとしたさまざまなキャラクターが販売されていますが、それらを改造して写真を投稿している人が登場し、Twitterをわかせていました。

 「G-Verニャン」というネーミング、そして「これが本当のロボニャンか!」と思わせる出来栄えはさすがの一言。このほかにも一風変わった改造ジバニャンがいましたよ。

 しっかりと改造を施す人がいる一方、気軽にジバニャン改造を楽しむ人も見受けられ、本当に幅広い層に「妖怪ウォッチ」そしてジバニャンが浸透していることが分かります。もちろんオリジナルのジバニャンたちも素晴らしい出来ですが、そこのチミも自分だけのジバニャンプラモ作りに挑戦してみたらどうかにゃん。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン