ニュース
» 2014年10月04日 09時00分 公開

Twitterの「やられたね」で人気になったビカスさんは今――ステーキ店をオープンしたので行ってきたよ!あれから4年

Twitterで大人気となったカレー店「だいすき日本」の店主・ビカスさんが、新たにステーキ店をオープン。そこには店主と客との温かい絆があった。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 2010年、Twitterで「ごめんなさい きようも おきやきさん きませんでした やられたね」など、悲し過ぎるツイートを投稿して大人気となり、一躍時の人となったカレー店「だいすき日本」のネパール人店主・ビカスさんを覚えているだろうか? あれから4年経った今、ビカスさんがステーキ店「STEAK & BURGER だいすき日本」をオープンしたという情報をキャッチし、さっそく足を運んできた。場所は東武東上線中板橋駅北口から徒歩5分、だいすき日本の2軒隣だ。

 先月15日にオープンしたばかりのこのお店。看板には「STEAK & BURGER」とあるが、しばらくの間はステーキとおつまみ類のみ。店内は15席ほど。

 ところが、オープンを間近にした先月10日、ビカスさんは「【緊急告知】15にち みせ オプソしたい 、しかし バイト が みつから ない」とツイート。アルバイトが見つからないままのオープンとなり、今現在もビカスさんが1人でキッチンとホールをこなしている。

店内はカウンターとテーブル席

 ネパールと言えばカレー。しかし、今回はなぜ、そのイメージからかけ離れたステーキ店をオープンすることにしたのだろうか。実は、ビカスさんは来日した20年前から料理の仕事をしており、当時はイタリア料理店や洋食屋で働いていたという。そこでステーキを焼いた経験があり、またキッチンに立ってステーキを焼きたくなったとのこと。

 また、ビカスさんはこんな思いも語ってくれた。「最初はTwitterを見て来てくれたお客さんが9割だったけど、最近はほとんど地元の人。Twitterのお客さんは遠くから来てくれるから、たまにしか来られないでしょ。カレー屋を閉めたらお客さんが悲しんじゃう。僕は芸能人でもないのに、ネットのお客さんは僕のことを心配してくれる。Twitterのお客さんがいなかったら国に帰っていたと思う。夜にステーキ屋をやれば、その売り上げでカレー屋を残せるから」

 オープン当初、中板橋の地元の人たちがカレー屋に立ち寄ることはほとんどなかったが、現在は地元の人たちがお客さんの大半を占める。筆者が取材に訪れた前の晩、ステーキ屋は大盛況だったという。「昔は翌日にでも中板橋から引っ越したかったけど、今は、ずっとここで暮らしたい」とビカスさんはうれしそうに語った。

笑顔がチャーミングなビカスさん。少しでも時間があればジムでウェイトトーレニングをして汗を流すということで、超マッチョ!

 では、ステーキに舌鼓をうとうとメニューを広げた瞬間、「このメニューもお客さんがボランティアで作ってくれているの」とビカスさん。お客さんが「メニュー、作ってあげるよ」と、USBメモリにデザインやテキストデータを入れてくれるそうだ。そのメニューを見た別のお客さんが、「ここ、こういうふうに変えた方がいいんじゃない?」とアイデアを出し、さらにそのデータを修正して、数人で作成しているという。今も、価格の間違いを見つけたため、修正待ちで手書きとなっている。ビカスさんの人柄に引かれるお客さんによって作り上げられている店と言ってもいい。

フードとドリンクのメニュー
気付いた人がデータを訂正していく、みんなで作るメニュー。次に訂正するのはステーキの価格。
写真もお客さんがスマホで撮ったもの。料理を撮った人が写真を入れてくれるので、ページが増えていく

 カレー屋では調理をコックに任せていたため、ステーキ屋で5年ぶりにキッチンに立つようになったというビカスさん。「熱い鉄板の前に立てるのは楽しい」と言いながら、手際良くステーキの付け合わせの調理を始める。「嫌いなモノない? トマト大丈夫?」と尋ねられた。筆者は嫌いなモノがないので何でも大丈夫と答えたのだが、日やお客さんの好みによって付け合わせを変えてくれると言う。「毎日同じじゃ飽きちゃう。お客さんが別にサイドメニューのポテトを頼んでいたら、付け合わせは別のものにする」という心遣いがうれしい。

肉を焼いているビカスさん

 ステーキのソースも、ガーリックバターソース、リンゴ&タマネギソース、赤ワインソースから選べる。一番の人気はガーリックバターソースということで、筆者もそれを頼んだのだが、ガーリックバターと赤ワインを混ぜたオリジナルソースを作ってくれた。

 約10分後、ジュージューとおいしそうな音をたてながらステーキが運ばれてきた。焦げ目がしっかりついておいしそう!

ソースがグツグツ音をたてている。付け合わせはポテト、ポークビーンズ、インゲンマメ、トマトのガーリック焼き
肉が分厚い! これは180グラム

 ステーキをナイフで切って口に入れると、歯ごたえのある肉に香ばしさと酸味のきいたソースがからんでおいしい。かむと甘い油が口中に広がる。180グラムは多いかもしれないと思っていたのだが、ペロリと完食。余裕で300グラムたいらげる男性もいるという。

 Twitterのお客さんも地元のお客さんも大切だと言うビカスさん。現在は、Twitter経由で爆発的に知名度が上がった2010年当時ほどの勢いはないが「池袋に来たついでに中板橋のビカスさんのお店に行こという気持ちもうれしい、そういうお客さんもまだ残っている」と話す。ビカスさんの目標は「手と足が強くなって、いつまでも元気で仕事を続けること。外見は変わっても中身は変わらないままでいたい」とのこと。

 「だいすき日本」には、飲食店の枠を超えた、店主と客、客同士のコミュニケーションがある。人とのつながりが希薄化していると言われる現代、ここに行けば、温かい料理でおなかが癒やされるだけでなく、心まで温かくなるはずだ。

店鋪情報

STEAK & BURGER だいすき日本

東京都板橋区中板橋26-2

(ネパール創作ダイニング だいすき日本の2軒隣)

東武東上線 中板橋駅より徒歩約5分

電話:03-3964-9775

営業時間:18:00〜24:00

定休日:火曜日

Webサイト:http://daisuki-nippon.com/sandb.php

ブログ:http://daisukinippon.hatenablog.com


姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」