ニュース
» 2014年10月21日 17時09分 公開

仕事のあいまにカッとなって書いた「IT用語だらけの桃太郎」がすごいことになってた

鬼の眼球を「404 Not Found」って……。

[太田智美,ねとらぼ]

 「おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行くと、どんぶらこ〜どんぶらこ〜と桃が流れてきてその中から元気な男の子が生まれ、その子は成長すると仲間を集めながら鬼退治に行きました」という話で有名な「桃太郎」。その桃太郎が、今再び注目を集めています。

 前回、野暮なツッコミを入れたりつまらない相づちを打つ「クソリプ」を桃太郎に取り入れた「クソリプだらけの桃太郎」(関連記事)を紹介しましたが、今回はこれらの作品にインスパイアされて作られた「IT用語だらけの桃太郎」を取り上げたいと思います。ご本人のツイートによると、仕事のあいまにカッとなって書いた作品だそうです。



画像

 作者は、野口卓也(@nogutaku)さん。物語は「昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがアライアンスを構築していました」というところから始まります。

 命名規則に従って“momotaro.js”と名付けられた桃太郎はすくすくとグロースし、鬼ヶ島へ課題解決しに全力でフルコミットしに行きます。

 おばあさんから“kibidango”という変数を付与された桃太郎。途中、「返り値でkibidangoを返してくれたら、あなたと非同期通信します」「きび団子というベネフィットがもらえたら、あなたのクラウドサーバーに僕を保存します」「きび団子というアドを出稿してくれたら、リスクヘッジを担当します」など数々の交渉をクリアしながら鬼ヶ島までコンバージョンします。

 桃太郎たちの攻撃によって、鬼たちはついに「うわあ、まいった。イリーガルなコーポレート・ガバナンスからはピボットする。どうかバイアウトさせてくれえ」と悲鳴を上げて物語は終わりに向かいます。

 こんな文章が仕事のあいまに書けるなんて……。その才能、ほしいです(切実)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー