ニュース
» 2014年11月11日 20時30分 公開

「けいおん!」を村上春樹さんが小説化したら……匿名ユーザーの野心作がすごい完成度(1/2 ページ)

隠れた逸材が発掘されました。

[ねとらぼ]

 もし、「けいおん!」を村上春樹さんが小説化したら? そんな妄想を具現化した作品が「おーぷん2ちゃんねる」に投稿され、注目を集めています。


画像 「『けいおん』著:村上春樹」

 「『それであなたはどこの部活に入部をするか、まだ決めていないのね?』と和はいくぶん批難するような口調で言った」「『こうしてニートが出来上がっていくのかもしれないわね』『あるいは』と僕は言った」――こんな調子で始まる本作。原作では4コマで終わる主人公と親友のやりとりを約700字かけて詳述するなど、かなり気合が入っています。

 全体は4500字ほどで、主人公が「軽音楽をやってみよう」と決心するまでが描かれています。ただし、その過程はドラマチック。途中で親友は消失し、突然現れた羊の幻影と「僕はうなずいた。『君は、僕が軽音楽をやるべきだと、そう考えているんだね?』」みたいな会話をし、さらに紆余(うよ)曲折を経るため、かなり読み応えのある内容になっています。

 そんな本作が投稿されたのは、2ちゃんねるの転載禁止騒動を受けて登場した「おーぷん2ちゃんねる」。書き込み内容がパブリックドメインになる匿名掲示板です。元スレッドは全体で40レスもなく、作者自身「誰も見てないけど、くぅ疲」などとコメントしてましたが、複数のまとめサイトが取り上げたことで話題に。読者からは「なにこれ面白い」「嫌いじゃない」「レベル高い」などと概ね評価するコメントが寄せられています。


画像 ジェネレーターで自動生成した内容

 ちなみに、村上春樹さんの文体模写は、ネットでは定番ネタとして親しまれており、「村上春樹風に語るスレジェネレーター」というスクリプトもあります。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響