ニュース
» 2014年11月22日 11時14分 公開

シルバニアファミリーにカッパとその捕獲隊が存在!? → 本当にいるのかエポック社に聞いてみた

その名も「カッパファミリー」と「カッパ捕獲チームセット」……シルバニア村ってそんな世界観があるの!?

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 Twitterでシルバニアファミリーの衝撃的な写真に注目が集まっています。写っているのは「カッパファミリー」というカッパの親子4体の人形セットと、「カッパ捕獲チームセット」というカッパの捕獲道具を抱えたネコやウサギたちの4体セット。「シルバニア村にこんな世界観が存在したの!?」「カッパにげてー!」など、世界観とのギャップに驚く人が続出しているようです。


画像 話題のカッパの親子セット「カッパファミリー」と

画像 それを捕らえる「カッパ捕獲チームセット」。首からカッパ捕獲許可証下げてるー!(写真提供:エフエム岩手・遠野支局

 人形のつくりもリアルですし、いずれも商用ケースらしき箱に入っていて本当に売られているかのよう。写真の元をたどると、エフエム岩手・遠野支局「遠野 ずもなFM」の公式ブログに2012年に掲載されていたものでした。紹介文によると、カッパ&捕獲隊たちは岩手・遠野のおもちゃ屋「サンホビーアンクル」に置かれている非売品のシルバニアファミリーのようです。

 一体この子たちは何者なのか。シルバニアファミリーを作っているエポック社と、置いてあるサンホビーアンクルに確認してみました。

 同社では毎年、各玩具店のシルバニアファミリーのディスプレイを表彰する「売場づくりコンテスト」を開催しています。2012年度にサンホビーアンクルは地元のお祭り「さんさ踊り」をテーマにした売り場を展開し、見事最優秀賞を受賞。そこでエポック社が優勝トロフィー代わりに製作して贈ったのが、話題のカッパファミリーとカッパ捕獲チームだったのです。ちなみに遠野市では「カッパ淵」というカッパの伝承地が有名で、デザインもそれにちなんだ様子。


画像 カッパファミリーたちが贈られるきっかけとなったサンホビーアンクルによるディスプレイ。みんながさんさ踊りでわいわいしてるー!!

 現在サンホビーアンクルでは捕獲チームだけを店内に展示中。カッパファミリーも店員さんに言えば見せてくれるそうです(カッパファミリーはあくまで贈呈用なので公には展示していないそう)。同店は今年は優秀賞、去年は努力賞と、毎年売り場コンテストに入賞するなど人形のディスプレイづくりに力を入れています。そんな同店と、トロフィー代わりに一点ものの人形を作るエポック社――「カッパファミリー」と「カッパ捕獲チームセット」は両者のシルバニアファミリー愛から生まれた存在だったようです。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ