『少女フレンド』座談会、6人の連載作家が語る少女漫画誌の今と昔(3/3 ページ)

» 2014年11月28日 11時00分 公開
[宮澤諒eBook USER]
前のページへ 1|2|3       

知らない世界のことはみんな少女漫画が教えてくれた

―― 先生たちの考える少女漫画ってどういうものですか?

たちばな 実は私、10年ぐらい育児をしていて漫画を描いてなかったんです。そうすると専業主婦になるわけですけど、そうやって少女漫画からちょっと離れて見てみた時に、少女漫画って夢の世界というか、出てくる男の子にしてもリアルである必要がないので、何というか現実逃避ができるんです(笑)。

くりた 私は少女漫画からいろいろな知識をもらいましたね。一条ゆかり先生の漫画『有閑倶楽部』を読んで「マキシム・ド・パリ」のナポレオン・パイを知ったり、ピジョン・ブラッドという宝石があることや、お酒の種類なんかも知ることができたり。

かずはし 私は、和田慎二さんの漫画でENIACというコンピュータを知りましたね。

くりた ウィーン少年合唱団も、竹宮恵子先生の『ウィーン幻想』からだったし、そういう外国の知識も漫画で知りました。たぶん当時の漫画家さんって本当に頭がよくて、そういう知識を漫画にバーンッてぶつけていたように思います。

かずはし でも、難しいことを描いて編集者さんに「それは読者には伝わらないじゃないか」と言われたこともありますけどね(笑)。

吉沢 私も経験あります(笑)。ネタを考えていた時に、学園ものみたいな身近な物語の方が読者が共感を得られるから、そういう物語を考えてほしいとか。

―― ほかの少女漫画誌ってどんな感じだったんですか?

かずはし 1980年代は一番リア充らしいリア充が読んでいたのが少女フレンドで、花ゆめはオタク系、別マ(『別冊マーガレット』)は1970年代前半までオタクで以降は超リア充っていう感じ(笑)。

 別マは、途中でちょっと方向性の切り替えがあって、美内すずえ先生と和田慎二先生を小長井信昌さん(白泉社創業メンバーの1人で、『花とゆめ』『Lala』の創刊などにも携わる)が連れて集英社を出て、入れ替えでくらもち・いくえみ(くらもちふさこ先生、いくえみ綾先生)世代が始まり、オタク時代からリア充へと変わるんです。

くりた 私が読んでいたのは、その美内・和田が移った先の花ゆめですね。

たちばな 私が子どものころって、みんながみんな「なかよし」だったり「りぼん」だったり「別マ」だったりを読んでいたんです。でも、いまの子たちって、みんなで同じものを読むっていうことがあまりないですよね。「なかよし」の発売日翌日には、みんな同じ付録を持っている、みたいなこともいまはないみたい。

―― 少女漫画誌は今後どうなると思いますか?

寄田 紙の雑誌はどんどんなくなっていって、デジタルに移行すると思います。どういう形で移行していくかは分からないですけど。

かずはし デジタルは浸透するとは思うんだけど、そうなると少女たちが端末を持ってないといけないですよね。そこであえて『ONE PIECE』や『進撃の巨人』みたいな人気漫画じゃなくて、少女漫画誌を読むのかなという疑問はあります。

たちばな また娘の話になりますけど、作家や漫画の話はしているんですけど、漫画誌の話はしていないんですよね。

みづき どの漫画がどの雑誌に掲載されているかっていうのは、いまの子はあまり気にしてないよね。

たちばな 私たちの世代って、まず雑誌から入って、そこから好きな作家を選ぶという形が多かったと思うんですけど、ネット世代の子どもたちって検索から始まるから、好きな作家や漫画から入ることが多いのかもしれない。

―― 最後に、プロジェクトについて伝えたいことなどお願いします。

たちばな プラチナフレンドの名前の候補の中には、フレンドカーニバルっていうのもあったんです。なので、お祭りのようにみんなで一緒に楽しめたらいいなと思います。

かずはし 心と時間に余裕があったら、電子データで、昔みたいな紙で色インクを使って印刷したようにみえるプラチナフレンドを作ってみたいね、2色ページとか。

寄田 紙の本もわざと悪い紙で刷ってみたいです(笑)。

かずはし でもそれだと、かえってお金がかかるんじゃ……。

一同(笑)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評