ニュース
» 2014年12月09日 13時03分 公開

赤信号の間もアクティブに過ごそうぜ! 向かいの人と対戦ゲームができる信号機がクラウドファンディングで出資募集中

なにこれ楽しそう!

[高城歩,ねとらぼ]

 ドイツに設置され話題となったゲームで遊べる信号機(関連記事)がクラウドファンディングで出資を募っています。

 「ActiWait」と名付けられた装置は小さなスクリーンが据え付けられており、信号が赤の間、向こう側で待っている人とホッケーゲームなどで遊ぶことができます! なにこれ面白そう!


画像 待ち時間、ホッケーゲームに燃える!

 信号機に設置されたこの装置の動画(その当時は「StreetPong」という名前)を2012年に公開したところ、想像以上に反響が大きかったため、「これはいけるぞ」と確信したことが今回のクラウドファンディングでの出資募集につながったようです。


画像

画像 イエス!!

 現在はまだ試作の段階で、交通に関する技術とノウハウを持った企業やプロと連携しながらハード面、ソフト面での改良を重ねており、将来的にはゲーム機能だけでなくナビゲーションやニュースの掲示、市場調査、子どもたちへの交通マナーの啓発にも役立てていきたいとのこと。

 なお、出資コースは7ユーロから7000ユーロまであり、出資が多い地域(市町)には、なんと役所からの許可が出れば「ActiWait」が実際に取り付けられるかもしれないそうですよ!! マジか! 

 赤信号の間の退屈な時間もアクティブに過ごせる「ActiWait」。日本の信号機にも導入される日が来てほしいですね。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10