ニュース
» 2014年12月11日 13時35分 UPDATE

有給消化率ワースト1位の国は日本!→と思ったら今年は韓国に!

6年連続最下位だった日本ですが、今年は最下位を脱しました。

[ねとらぼ]

 旅行会社のエクスペディアが、毎年恒例「有給休暇の国際比較調査」の結果を発表しました。有給消化率の比較では、日本がこれまで6年連続で最低を記録していましたが、今年の調査では韓国が最下位に。日本の連覇(?)に終止符が打たれました。

photo エクスペディア年末の恒例調査。ついに日本が最下位脱出!

 同調査は25カ国の18歳以上の有職者男女7855人を対象に、2014年8月〜9月に実施。有給の支給日数は全体的に去年より増加していたそうです。具体的には、世界平均は去年より5日多い25日に、日本の平均は去年より2日多い20日という結果になりました。

 有給消化率は、下から韓国(48%)、日本(50%)、マレーシア(71%)となり、ワースト争いを繰り広げていた韓国との順位がついに逆転しました。エクスペディアによると、「日本の上司の約2人に1人が有休消化に対して協力的であり、2020年までに有休消化率を70%にするという政府の新成長戦略が功を奏しているかもしれない」とのことです。

 一方で、「有休を取るとき罪悪感を感じるか」という質問に対しては、「はい」と答えた日本人が26%と世界で最も割合が多い結果になりました。有給を取ることに気兼ねしがちな国民性は今もあるといえそうです。

photo 有休取得に罪悪感を感じる理由の1位は「人手不足のため」。まあそうだよね

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.