ニュース
» 2014年12月12日 12時03分 公開

北斎の絵が立体に!! 視覚障害者のための“手でみる絵画”がすごい

元の絵から3Dデータを作り、3Dプリンタで制作しています。

[ねとらぼ]

 「3D北斎ほしい」「モデリング能力凄いな」――3Dプリンタで立体的に造形された北斎の浮世絵がTwitterで話題を呼んでいます。富嶽三十六景の1つで、富士山をバックに巨大な波が描かれた名作「神奈川沖浪裏」を、波の1つ1つにいたるまで丁寧に立体化し、波が画面からせり出した迫力のあるアートに仕上がっています。これはすごい!!

photo この迫力!!
photo 見事に浮き彫りになっています
photo 波の1つ1つの造形が見事!

 実はこの作品、視覚障害者のための「手でみる絵画」として制作されたもの。国立特別支援教育総合研究所の大内進さんの研究に、3Dデジタルツールの販売などを行うケイズデザインラボが協力し、制作しました。「手でみる絵画」は、イタリアのアンテロス美術館の学芸員ロレッタ・セッキさんが、視覚障害を持つ人のための絵画鑑賞プロジェクトとして1994年に取り組みをはじめ、大内さんらによって日本でも研究が進んでいます。

 さらにこの作品、制作手法もユニークです。まず、石膏の原型を3Dスキャンし、それを「Geomagic Freeform」というデジタルモデリングツールを使って形を整えているんだそう。このGeomagic Freeformは、ペンのようなデバイスを使って“彫刻”感覚で3Dデータを整形できるツール。ペンで実際に画面上のデータを触ると、その感触がペンにフィードバックされるんだとか。デジタルだけどアナログ!!

 こうして3Dプリンタで出力された立体版「神奈川沖浪裏」は、湘南藤沢にある「Fujisawa SST」内にオープンした「湘南T-SITE」1号館2階ラウンジにて展示中です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」