ニュース
» 2015年01月06日 15時19分 公開

スマホと連動 赤ちゃんがミルクを飲んだ量を記録するスマートほ乳瓶ホルダー

適切なほ乳瓶の持ち方をフィードバックする機能も。

[ねとらぼ]

 赤ちゃんがどのくらいミルクを飲んだかを記録するスマートフォン連動ほ乳瓶ホルダー「BABY GLGL」を、フランスのベンチャー企業Slow Controlが家電展示会CESで披露しました。

BABY GLGL

 BABY GLGLは、赤ちゃんがミルクを飲んだ量やペースを記録し、記録したデータはBluetooth経由でスマホのアプリに送られます。自分以外の人がミルクをあげたときの情報も、リアルタイムにリモートから把握することが可能。加速度計や傾角計を搭載しており、赤ちゃんが空気を飲まないよう、適切なほ乳瓶の持ち方をフィードバックする機能も。

専用アプリ

 同製品は秋に発売予定で、価格は100ユーロ(1万5000円弱)。

5色展開

 Slow Controlは、食べるペースを測るスマートなフォーク「HAPIfork」(「10SFork」に名称変更)も取り扱っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.