ニュース
» 2015年01月15日 17時36分 公開

マリオカートみたい! ジャガーが開発中の「ゴーストカー」ナビが未来すぎる

さらに窓枠を消す透明化技術で死角なし運転も

[林健太,ねとらぼ]

 「F-ZERO」や「マリオカート」のタイムアタックでお馴染みのゴーストカーがナビゲーションシステムとして開発されています。開発しているのは、最先端技術を取り入れ、運転手や周囲の人への安全性を高める画期的なコンセプトを発表しているジャガー・ランドローバーです。

 フロントウィンドウに表示された映像は、運転席から見ると、ゲームのゴーストカーそのものです。このシステムを使えば、間隔の狭い首都高の分岐や、三叉路などでみ迷うことなく運転できそうです。視線は前を向いたままなので、カーナビに視線をとられた衝突事故の防止にもなります。


ghost ゴーストカーが登場

 タイムアタックではないので、ゴーストに追いつくことはできません。ついゲームのように熱くならないよう気をつける必要がありそうです。

 また、ゴーストカーと同時にフロント、サイド、リアのウィンドウ枠(ピラー)を透明化させる「360度バーチャル・アーバン・ウインドスクリーン」も発表されていました。カメラで撮影した外部の映像を車体内のピラーに搭載したスクリーンにリアルタイムで映し出すことで実現するそうです。

 市街地での走行ではピラーによる死角が気になります。また、歩行者の発見が遅れ、事故につながることもあります。透明化といえば、SFの話のようですが、透明プリウス透明マントなど、攻殻機動隊の光学迷彩のような技術は多数発表されてきています。市販化もそう遠くない未来なのでは? と期待が高まります。


ghost ピラーが透明化

 ちなみに、ゴーストカーは、もともとサーキット走行向けのシステムとしてコンセプト映像が公開されていたものでした。

 詳しくはジャガーの動画をご覧ください。

動画が取得できませんでした
ゴーストカー、ピラー透明化
動画が取得できませんでした
レーシング向けHUDコンセプト

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響