世界的にも希少な自然の芸術品 “雪の怪獣”を見たことがありますか?

自然の芸術品「樹氷」は、怪獣の姿を連想させるその造形から、「スノーモンスター」「アイスモンスター」「ホワイトモンスター」の愛称で呼ばれています。

» 2015年01月24日 19時32分 公開
[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 いくつもの自然現象が重なったときにだけできる自然の芸術品「樹氷」。

 “世界広し”といえども、国内の蔵王(山形と宮城の県境)、青森の八甲田、秋田の八幡平のほか、国外では黒い森と呼ばれるドイツのシュヴァルツヴァルトでしか、樹氷は見られません。

 怪獣の姿を連想させるその造形から、「スノーモンスター」「アイスモンスター」「ホワイトモンスター」の愛称で呼ばれる、神秘的かつ圧倒的迫力の樹氷群を観に、あなたもこの冬少し足を延ばしてみませんか。

ライトアップされた樹氷原。まるで怪獣が行進しているよう!

大パノラマに広がる圧倒的迫力の樹氷群

 一面の銀世界に立ち並ぶ造形美化した巨大樹氷「スノーモンスター」は、いくつもの気象条件が合致したときにしか見られないとても珍しい現象なのです。その条件とは……、

  • 適量な降雪量
  • 常緑針葉樹「アオモリトドマツ」が自生している(ブナなどの落葉広葉樹では氷や雪がつきにくい)
  • 亜高山地帯の山の西傾斜
  • 西高東低の強い冬型の気圧配置
  • 過冷却水滴を空中に浮遊させる強い西風が吹く
  • 多量の過冷却水滴(湿気)が発生する
  • 気温が0℃以下であり、ときに氷点下10℃の猛吹雪が吹く

 こうした条件が揃ったうえで、さらに3つのサイクル(画像)が繰り返されることで誕生する樹氷……。

 人の身長をはるかに超えるモンスターが群れをなす樹氷原は、一生に一度は見たい絶景です。

イベントも多数開催

 青空の下、なだらかな山裾をまるで行進するように立ち並ぶモンスターたちのきらめき、夕焼けや朝焼けに鮮やかに染まる幻想的なモンスター、あるいは漆黒の闇に浮かび上がるモンスター……。

 24時間どのシーンを切り取っても息をのむ迫力と美しさで、私たちの目を楽しませてくれる樹氷。その神秘的な光景を見に世界中から人々が訪れるだけあり、さまざまなイベントが開催されています。

蔵王樹氷まつり「雪と炎の饗宴」

期間/1月31日(土)19:15〜20:30。蔵王温泉スキー場 上の台ゲレンデで繰り広げられる雪と炎の祭典。過去の同イベントでは荘厳な音楽とともに100人以上のスキーヤーが、真っ赤に燃える松明(たいまつ)を掲げて白銀のゲレンデを滑走するプログラムや、雪上花火も開催。樹氷観光をプランニングしている人は、早めにチェックを!

冬のファンタジー「デイライト&ライトアップ樹氷」

期間/〜3月上旬 17:00〜21:00。場所/蔵王ロープウェー(上り最終〜19:50まで)。山麓線・山頂線を乗り継いだ先に広がる360度の大パノラマは圧巻! 色彩豊かなライトアップに浮かびあがる樹氷の美しさはもちろん、ホワイトモンスターが林立する静寂な漆黒の闇の中に一歩足を踏み入れれば、異次元の世界に迷い込んだような錯覚するはず。

八甲田ロープウェーもおすすめ

 JR青森駅からJRバス十和田湖行き(冬期1日1便)で、約1時間20分の「八甲田ロープウェー」(山麓駅〜山頂公園駅を結ぶ全長2459m)のゴンドラからは、八甲田山山域に広がる樹氷原を堪能できます。

 この地は、映画『八甲田山』の雪中行軍の舞台としても有名ですが、十和田八幡平国立公園内のロープウェーだけあり、春・夏スキー、新緑、紅葉をはじめ、青森市街、陸奥湾、津軽&下北半島、そして岩木山を見渡す雄大な眺望も魅力。それだけに旅行会社が主催するツアーは多数あるので、興味のある方はぜひ!

 思い立ったら吉日です。

 世界中から観光客が訪れる樹氷の見頃は2月上旬〜3月中旬。まさしく今が旅行を計画するグッドタイミング!

 樹氷見学を兼ねてスキー&スノーボードを楽しむもよし、しっぽり秘湯につかるもよし、美味を堪能するもよし……、あなたらしい旅行を計画してみてくださいね。

※いずれもダウンジャケット、アノラック、手袋、帽子、厚手の靴下等の防寒対策を万全に!

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/16/news016.jpg 結婚式で乾杯音頭をとる3歳息子、口癖になるほど練習して…… 大好きなおじのために頑張る姿が580万再生「天才!」「可愛い過ぎて涙出ました」
  2. /nl/articles/2404/15/news025.jpg 悪さばかりする猫に小型カメラを装着→映像を確認してみたら…… 衝撃の光景に「ヤバい最高」「こういうの見たかった」
  3. /nl/articles/2404/16/news014.jpg 築54年団地の狭いキッチン、洗った食器はどこに置く? プチプラ&すっきり片付くアイデアに「私の理想!」「そのセンスが欲しい」
  4. /nl/articles/2404/16/news015.jpg 8歳娘が描いた“志村けん”に「うますぎてびっっっっくり」「間違いなく天才」と絶賛の嵐 才能あふれるペンさばきが128万再生
  5. /nl/articles/2404/16/news006.jpg 元野良猫たちの家の庭に野良猫が現れた→ガラスを隔てた熱い攻防戦が…… それぞれの反応と予想外のオチに爆笑
  6. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/15/news156.jpg 豊田章男会長、マクドナルド「ハッピーセット」のおもちゃに大喜び→「天下のトヨタ会長がハッピーセットって」「ほんとお茶目で好き」と話題
  8. /nl/articles/2404/16/news033.jpg 小麦粉を変えてクッキーを作ってみたら…… 5種類の焼き比べが100万表示「こんなに変わるのねぇ〜〜〜」「みんな違ってみんな良い!」
  9. /nl/articles/2404/15/news132.jpg 「仮面ライダーゼロワン」出演俳優、脳梗塞の後遺症続き活動休止 「右半身の麻痺が回復せずこの度の決断に」
  10. /nl/articles/2404/03/news161.jpg 橋爪淳、大河ドラマ出演終了で「大腸に5センチ程のガン」公表 “病院嫌い”だったと明かし「命を繋いで頂きました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」