ニュース
» 2015年01月26日 09時59分 公開

「I AM KENJI」のカードを掲げた写真を投稿――後藤健二さんの解放を願うFacebookページとTwitterアカウントが開設中

米国やフランスなど世界各地からの投稿も。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されている後藤健二さんの解放を願うFacebookページが1月21日から、Twitterアカウントが25日から立ち上がっています。いずれも「I AM KENJI」とのメッセージカードを掲げた写真を投稿し、後藤さんへの友情と連帯の気持ちを表明するというものです。

画像

 Facebookページ「I AM KENJI」は、映像制作集団ZENGO主宰・西前拓さんを始めとする後藤さんの友人たちが開設しました。説明には英語と日本語で、「“I AM KENJI"と書いたカードを持って写真を撮り自分のページから発信してください。後藤健二氏への連帯のしるしとして。友人にも声をかけてください。罪のない人を殺すことに大義のないこと、日本人全員を敵に回すことに意味のないことを訴えましょう」とあります。

 ページには約8700件の「いいね!」が付けられているほか、タイムラインにも「I AM KENJI」を掲げた写真がすでに150件近く投稿されています。投稿は日本からだけではなく米国、フランスなど世界各地からのも見られ、中には日本文学研究者・東京大学大学院教授であるロバート・キャンベルさんといった著名人の書き込みも。

画像 Twitterでは「#iamkenji」を付けて投稿

 またページの説明には「言論の自由を訴えるためのムーブメントではありません」との一文もあります。1月7日にフランスで「シャルリー・エブド」本社銃撃事件が起こった直後、犠牲者への追悼と表現の自由を表明するため「NOUS SOMMES CHARLIE HEBDO(“私たちはシャルリー・エブドだ”の意)」とのカードを掲げる運動が世界中に広がりました(関連記事)が、それと区別する意味が込められているようです。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響