ニュース
» 2015年02月19日 16時36分 公開

ただ1頭ほかのクジラと違う周波数を発するため群れと出会えない「世界一孤独なクジラ」の探査プロジェクト始動

誰も見たことのないぼっちクジラの謎に迫る。

[たろちん,ねとらぼ]

 ほかのクジラには聞こえない周波数で鳴き続ける「世界一孤独なクジラ」を探索するプロジェクトが始動し、Kickstarterで探査資金を募集しています。

画像 「世界一孤独なクジラ」を探すプロジェクト

 ほとんどのクジラが15〜25ヘルツ程度の周波数でコミュニケーションを取るのに対し、このクジラの声は52ヘルツ。1992年にアメリカ海軍によって初めて観測され「52」という名前がつけられました。声の主がクジラであることは間違いないものの、なぜ「52」だけがほかのクジラとまったく違う周波数を持つのかは謎だとのこと。

画像 「52」の声は聞こえるものの姿を見た人は20年以上誰もいません

 20年以上、歌声だけは観測されているものの、いまだその姿が発見されたことはない「52」。使用している周波数が違いすぎるため仲間のクジラと出会うこともできないことから「世界一孤独なクジラ」と呼ばれるようになり、ひとりぼっちで歌い続けるその境遇は科学者のみならず、多くのアーティストなどからも注目を集めるようになりました。

画像 「52」の謎に迫る探査プロジェクトが始動

 今回、探査プロジェクトを立ち上げたのは、映画制作者のジョシュ・ゼマンさんと俳優のエイドリアン・グレニアーさん。「52」のことを孤独すぎると悲しむ人もいれば、自由気ままに暮らしていると感じる人もおり、どちらにしても「SNSなどで密接につながった現代の人間たちにとって強く心を揺さぶる存在」と感じたことが、プロジェクト始動のきっかけになったそう。もし「52」を発見できた際には、音声探知機の付いた認識タグを取り付けて科学者とともに調査し、ドキュメンタリーを制作する予定。20日間の太平洋探査費用として30万ドル(約3500万円)の支援を募集しています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」