ニュース
» 2015年02月20日 10時00分 公開

その魅力、毒針のごとし ストライクゾーンは超狭いけど刺さる人にはクリティカル「死神ナースののさんの厄災」虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第40回

担当患者が次々と死んでしまう“死神看護婦”野ノ崎のの。ある日、隔離病棟に入院している12歳の少年・左桂鶫(ツグミ)の世話を命じられ……。

[虚構新聞・社主UK,ねとらぼ]

 ねとらぼ読者のみなさん、こんにちは。虚構新聞の社主UKです。

 コーナーのタイトルにもあるように、「おもしろいから騙されたと思って読んでください!」を旗印にさまざまなマンガを紹介している本連載ですが、これまで取り上げてきた作品の特徴のひとつとして「ヒロインの魅力」があります。

 社主も男である以上、作中に登場する野郎どもよりヒロインに目が行ってしまうのですが、どうにも自分の趣味に偏りがあるのか、見た目は美人なのに性格に難がある“残念美人”が出てくる作品ばかり取り上げてしまいます。

 かつて残念美人の魅力について友人に力説したものの、「いくら美人でも性格が残念な人とは付き合いたくないわー」などとあっさり返された挙句、「何でや! 美人なうえに性格まで良かったら何もおもしろくないやろ! 帰る!」と逆ギレしたこともある社主ですが、今回はそんな社主でもちょっとご遠慮するタイプのヒロインが登場するマンガをご紹介。

 マッグガーデンのWebコミック「Beat's」にて2014年11月まで連載されていた、麦盛なぎ先生のレトロサスペンス「死神ナースののさんの厄災」(全2巻)です。先月完結巻となる第2巻が発売されました。まずは簡単にあらすじから。


画像画像 「死神ナースののさんの厄災」(1〜2巻/マッグガーデン)


舞台は昭和初期のサナトリウム

 舞台となるのは昭和初期、国内屈指の巨大結核保養院「命幸院」。この命幸院で看護婦として勤める野ノ崎ののは、自身の担当する患者ばかりが相次いで1カ月以内に死ぬことから「死神看護婦」とうわさされ、患者だけでなく同僚からも忌み嫌われる存在になっていました。

画像 かつて死なせてしまった弟・時雄に瓜二つのツグミ。しかし……

 担当患者のいない日が続いた彼女でしたが、ある日、隔離病棟に入院している12歳の少年・左桂鶫(ツグミ)の世話を命じられます。その特異な症状のため「日暮れ前に必ず四肢を拘束して睡眠薬を打つこと」が条件になっているツグミ。病棟に案内されたののは彼の姿を見て絶句します。その顔はかつて死なせてしまった弟・時雄に瓜二つだったのです。

 見た目は弟にそっくりなものの、中身は幼児のように甘えん坊なツグミ。ののもまたそんなツグミに亡き弟の姿を重ね合わせながら世話をしていました。

 しかしその世話にも慣れてきたある夕方、いつものようにののが日没前の注射を打とうとしたところ、ツグミは突然血を吐き、苦しみだします。

「やはりあの女は死神なんだわ」

 吐血の原因は誰かが食事に盛ったヒ素による中毒。幸いツグミは一命を取り留めたものの、「死神看護婦再び」となる事件に、ののの関与が疑われます。

 まもなく意識を取り戻したツグミ。しかし突然彼はこれまでとは全く違うはっきりとした口調で「これまでの患者が死んだ日近辺の物品購入記録を見てきてほしい」と彼女に告げます。そしてそこで判明する「自分の担当患者の死の前日には必ず血痰壺が納品されていた」という事実。

 誰がいったい何のために彼女を陥れようとしたのか――。推理ものをネタバレしてしまうと、おもしろくないので、解決編は実際に読んで確かめてみてください。



ただの「おねショタ」にとどまらない二面性

 さて、このように推理サスペンスの様相を帯びる物語序盤ですが、中盤以降はサイコサスペンス的展開に。ののに瓜二つの“男”雲雀(ヒバリ)の出現に始まる、物語の土台そのものが次々と覆っていく感覚はなかなかにスリリングでした。社主が子どもの頃に見たサスペンスドラマに「沙粧妙子 -最後の事件-」(フジテレビ系/1995年)という傑作があるのですが、読み手の裏の裏を行く「死神ナース」の結末はかのドラマを思わせる美しさを持っています。

 そして何より作品を印象付けているのはのの&ツグミの魅力に他なりません。前作「17歳℃」(全1巻/マッグガーデン)では関西弁のヒロイン・黒川なつきの色気と暴力を併せ持つ危うい魅力が際立っていましたが、本作の死神看護婦・野ノ崎ののもまた前作と同じく、1人の人格の中にマゾっ気とサドっ気の両極が存在し、なおかつ一人称が「僕」という、いわゆる「ボクっ娘」属性があるフェチにフェチを重ね合わせたような女性。

画像 口調も外見もガラリと変わる「もう1人のツグミ」

 またもう一方のツグミも幼児のような昼の顔とは別人格の「夜の顔」を持つ少年。普段はののに絵本を読んでもらったり、子どもであるのをいいことにラッキースケベを画策するような「おねショタ」関係なのに、覚醒後のツグミとの間ではその関係が対等・逆転する被虐/嗜虐の描写もまた見どころです。

 「サイコサスペンス」かつ「ボクっ娘」かつ「おねショタ」かつ「昭和初期のサナトリウム」というオカルトめいた舞台設定――。本作は読み手を選ぶ要素を何重にも重ねた「ゾーンは超狭いけど、入れば必ずクリティカルヒット」という毒針の一刺しのような魅力を備えています。冒頭「ちょっとご遠慮したいタイプのヒロイン」と書きましたが、作品全体が持つ雰囲気としては社主にとってクリティカルヒットでした。

 それにしても、本作「死神ナース」もそうですが、以前紹介した「少女終末旅行」(つくみず)や「メイドインアビス」(つくしあきひと)などのように、初出がウェブ媒体というマンガが最近急激に増えてきました。「デスゲームマンガ」「漫画家マンガ」「食べ物マンガ」というように一般マンガの世界にも時代時代ごとに流行りのジャンルがあるのですが、そういう主流とは一線を画した個性的な作品を発表する場として、今後ウェブコミック発の単行本がさらに活発になっていくのではないかな、と社主は考えています。

 スマホの大型化とともにコミックアプリに人気が集まりつつある昨今、大手出版社も本格的にウェブコミックに力を入れ始めてきました。それに伴って本作のような毒針マンガが増えていくかと思うと、マンガ界の未来が楽しみでなりません。

 今回も最後までお読みくださりありがとうございました。


画像 第1話立ち読みページ(WEBコミックBeat's)

(c)Nagi Mugimori/MAG Garden


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい