ニュース
» 2015年03月09日 07時00分 公開

「かがみ」←どう読んでた? 衰退進む「鼻濁音」来世紀にはほぼ消滅か

鼻濁音、ちゃんと使ってますか?

[ねとらぼ]

 日本語の「鼻濁音(ガ行鼻音)」について調査を行ったところ、現在の日本人で鼻濁音を使っている人は全体の約2割にすぎず、また若い人ほど使用率が下がっていることが分かりました。

 今回調査を行ったのは、ノートルダム清心女子大学の尾崎喜光教授。調査は尾崎教授が国立国語研究所に在籍していた2009年に行われたものですが、最近になって同大学の学内誌(紀要)で論文が公開されると、朝日新聞などがこれを紹介し、注目を集めました。

 日本語の「ガ行」には、ハッキリと強く発音する通常の「濁音」と、鼻から抜けるように優しく発音する「鼻濁音」の2種類が存在します。たとえば「外国人(ガイコクジン)」のように「単語の先頭」にガ行が来た場合は通常の濁音で、「鏡(カガミ)」のように「単語の先頭以外」にガ行が来た場合は鼻濁音で発音するのが一般的とされています。


画像

 調査は全国の20〜79歳の男女803人を対象に実施されたもの。「鏡(カガミ)」「日本語(ニホンゴ)」などの単語を実際に発音してもらったところ、鼻濁音を使って発音している人は全体の約2割にとどまったそうです。また男女による差はほぼありませんでしたが、年齢別で見ると、70代ではおよそ39.5%が鼻濁音を使っていたのに対し、30代では11.5%、20代ではわずか5.8%と、若い人ほど鼻濁音を使わない傾向が顕著に見られたとのこと。

 以下のグラフは「鏡」の発音について調べたもの。


画像 「鏡」の属性別分析(全体/男女別)

画像 「鏡」の属性別分析(年代別)

※尾崎教授の調査データをもとに編集部で作成


 また地域による差も大きく、中国・四国・九州で鼻濁音を使っていた人はゼロ。近畿地方も4.3%と非常に低くなっており、西日本では鼻濁音はほとんど使われていないという結果に。一方で、北陸や東北では鼻濁音の使用率は6割以上にのぼっており、今でも多くの人に使われているようです。


画像 「鏡」の属性別分析(地域別)

※尾崎教授の調査データをもとに編集部で作成


 鼻濁音は今後も衰退の一途をたどると考えられ、「来世紀には、東北地方にわずかに残るのみで、それ以外では消滅している可能性が高い」と尾崎教授はまとめています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」