ニュース
» 2015年03月10日 10時18分 公開

2015年の開発情報を大量ゲット!──艦これ提督的「ゲームマーケット2015大阪」索敵報告喜べ! 川内、 あの“夜戦”ゲームが復活するぞ(2/3 ページ)

[長浜和也,ねとらぼ]

あの“夜戦”ウォーゲームが復活予告!

 a-gameの試遊卓では、第2次世界大戦の空戦を扱った“カード”ウォーゲームとして人気の高いDVGの「Down in Flamies」(DIF)で現在翻訳を進めている日本語版の体験戦闘を体験できた。

 DIFは、プレイヤーが1機を操縦して敵の側面、背後を取るべく手札の機動カードを繰り出し、相手はそれを振り切るべく敵の出した機動カードを“打ち消す”機動カードを繰り出すという、「空中で追いつ追われつの操縦技術を繰り広げる激しいドックファイト」を堪能できる。

 欧米ではすでに人気の高い空戦カードウォーゲームで、日本でも英語版で戦っているウォーゲーマーもいるが、やはり日本語版だとカードの理解がすばやく、空戦のスピード感を多くの“日本人パイロット”も体感できる。現在のところ、5月のゲームマーケット2015春で販売を開始する予定で作業を進めているという。

敵機を追う! 振り切る! のドックファイトをスピード感と共に堪能できる戦術級空戦“カード”ウォーゲーム「Down in Flamies」は、5月出荷予定の日本語版を体験できた

 なお、中黒氏は、戦術級の水上砲雷撃戦ウォーゲーム「アイアンボトムサウンド」を2015年中に再販する計画を進めていることを明らかにした。アイアンボトムサウンドは、太平洋戦争中に“鉄底海峡”で発生した夜戦を扱う戦術級の水上砲雷撃戦ウォーゲームで、1982年にホビージャパンから出版している。艦艇データを砲塔1基単位から細かく表現したのが特徴で、戦闘処理手順も命中箇所の判定から撃った艦砲と当たった場所の装甲を照合して貫通したかを判定し、貫通したら損害の判定をするという、精密なゲームデザインが特徴だ。

 アイアンボトムサウンドは、ルールを改定した第2版が米国で登場しているが、今回日本で再販するのはホビージャパンの第1版をベースにオリジナルデザイナーのジャック・グリーン氏(おおおっ!)が改良を加えるとのことだ。

夜戦にフォーカスを当てた「アイアンボトムサウンド」が2015年に復活する予定だ

艦船データは砲塔1基単位で再現。装甲の厚さは艦の場所によって異なり、命中した砲弾が装甲を貫通すれば被害が発生する

War in the Pacificの作業が進むサンセットゲームズ

 サンセットゲームズのブースに展示していたウォーゲームは、水上砲雷撃戦の「聯合(れんごう)艦隊」と戦国時代マルチプレイヤーゲーム「戦国大名」と従来ラインアップをそろえていた(午後になって委託販売のカードゲーム「俺の艦隊2」が店頭に並んだ)。

「戦国大名」「聯合艦隊」と人気の高い再販タイトルなどのボードウォーゲームと午後になってようやく届いたという「俺の艦隊2」、そして、ユーロ系ボードゲームを展開していたサンセットゲームズのブース

 太平洋戦争戦略級の伝説的タイトル「War in the Pacific」(WITP)は、現在も復刻作業を進めていて、発売予定は12月8日を“目指している”。ルールブックやマップ記載文の構成と翻訳文を読みやすくするための見直し、そして、ルールの明確化を進めているところだ。

 サンセットゲームズの古角博昭氏は自身のブログでWITP復刻作業を紹介しているが、そのなかで、パッケージデザインについて言及している。WITPというと、SPI版の“伊17に雷撃されて黒煙を上げて沈没寸前の空母ワスプ」の写真が有名だが、古角氏はパッケージデザインについて、「イマ風にしないと」と述べて、現在流通しているゲームパッケージのテイストを取り入れた新しいデザインへの変更も検討しているという。

 過去の名作を復刻するプロジェクトでは、次回候補作としてSPIが出版していた「ドイ南方軍集団」を検討中であることを明らかにしている。また、再販希望が多い「太平洋艦隊」も依然として検討中で、準備作業はほぼ終わりに近いとのことだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響