ニュース
» 2015年03月11日 23時30分 公開

「イルカはうなぎを使ってマスターベーションする」 “衝撃の事実”にネット民困惑

1940年代の海外論文に記されています。

[ねとらぼ]

 「イルカがうなぎを使ってマスターベーションする」というトリビアがネットを駆け巡っています。えっ!? イルカさん……。


画像 イルカさん photo by Scott

 発端は、3月9日深夜から3月10日未明に行われたTwitterの出来事。ある大学生がアメリカ心理学会のサイトにそうした記述を含む論文があると知り、友人宅で読解に取りかかります(約1460円で閲覧可能)。すると、家主がこの模様を実況。「お!マスターベーションの方法の章来た!ん?床オナってことかこれ?」「なるほど!うなぎを巻いた状態で床でジグザグに泳ぐらしい!」(注:正確にはうなぎをひっかけてから巻きつけるためジグザグに泳ぐそうです)などと連投していきます。


画像 論文。アブスに「イルカのマスターベーションを観察した」との記述あり

画像 Togetter

 深夜ノリの実況は約1時間続き、翌日にはTogetterにまとめが出来上がります。すると、このエントリーがスマッシュヒット! 「イルカって賢いんだな」「ウナギは人間には枯渇しつつある水産資源だというのに、イルカにとってはTENGAあつかいだったのか……」「得なくても良い知識を得てしまった」「ものすごく面白いのにどう考えても人に話せるようなネタではない」――困惑しながらも奇妙な満足感を得たユーザーが少なからず現れているようです。

 ちなみに、同論文は1948年にカナダで発表されたもの。レファレンスは13件と少なめですが、引用は171件あるそうです。論文をバリバリ読める英語力があると楽しみが広がって素敵ですね。

画像 うなぎ photo by Florida Fish and Wildlife

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響