ニュース
» 2015年03月25日 16時30分 公開

Ingressが日本語に対応! 「初心者にはわかりやすい」「ダサい」と賛否両論

エキゾチックマターか発見されていない何かによって作り替えられたらしい……。

[ねとらぼ]

 Google発の位置情報ゲーム「Ingress」が3月25日、Android/iOS版ともにアップデートされ、操作画面の大部分が日本語に対応しました。

画像画像 ねとらぼのオフィスがあるビル。日本語(左)と英語(右)

 最新版の「Ingress version 1.73」では、ポータル画面をはじめメニューやアイテム説明など、ゲームプレイに必要な箇所が日本語化。英語でプレイしたい場合は、設定から戻すこともできます。IngressはこれまでUIが英語だったことから、プレイ開始〜チュートリアルまでのハードルが高く、操作に慣れるまでに脱落するユーザーが少なからずいました。今回のアップデートにより、新規ユーザーには好影響がありそうです。一方で、英語ならではのサイバー感がなくなったことから、既存ユーザーからは戸惑いの声も。



 実は先月に一部表示が日本語化し、約2週間で戻ったという流れがあります。その時は言語選択ができなかったこともあり、「フォントがださい」と不満の声が目立っていました。ちなみに、今回の日本語対応はIngressのバックストーリーに盛り込まれており、そこには「エキゾチックマター(Ingressの根幹となる未知のエネルギー。これを巡って青と緑で争っている)か“発見されていない何か”によって作り替えられた」などと記されています。

 運営元のNiantic Labs(Googleの社内ベンチャー)によると、日本はIngressのダウンロード数で世界2位。一般ユーザーはもちろん、岩手県や横須賀市など自治体が観光誘致に用いるなど活動が盛んなため、サポートを強化したそうです。なお、3月28日は京都で大規模イベント「Shonin(証人)」が開催されます。楽しみ!


画像画像 設定>言語から変更できます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン