ニュース
» 2015年03月25日 17時33分 公開

「境界のないセカイ」連載終了めぐり、マンガボックス編集長と講談社がコメント

マンガボックスの樹林伸編集長が最終回でコメントを発表した。

[ねとらぼ]

 マンガボックスで連載のマンガ「境界のないセカイ」が、連載終了となった件について、樹林伸編集長と講談社がコメントした。

 同作は“好きな相手が同性だったら?”をテーマに描いた作品。作者の幾夜大黒堂さんは、作中の表現上の問題により、講談社が単行本の発売を中止し、これによりマンガボックスは収益をあげられる見込みがなくなったため連載終了になったと説明している(関連記事)。

樹林編集長のコメント

 樹林編集長は最終回の最終のページで、「この度、本アプリ掲載作品『境界のないセカイ』を連載中止させていただくことになりました。本作品を楽しみに読んでいただいていた読者の皆様には大変申し訳ありません。幾夜先生には連載の中止をご理解いただき、大変感謝しています」と告知。幾夜さんがマンガボックスでの新作連載を目指す意向であることも伝え、「幾夜先生の次回作および今後のマンガボックスにご期待ください」と結んでいる。

 樹林編集長は自身のTwitterアカウントで、編集長コメントについて「大幅に内容をカットされました(^^;; アグレッシブ過ぎたかも知れません」と話していた。

 講談社の週刊少年マガジン編集部はねとらぼ編集部に次のようにコメントした。「3月9日発売を予定していた『境界のないセカイ』は、販売上の事情により発売を見合わせることになりました。個別の事情につきましては回答を控えさせていただきます。発売を楽しみにしていた皆様にはお詫び申し上げます。ご理解をたまわりますようよろしくお願い申し上げます」

境界のないセカイ

追記

 樹林編集長はコメント発表後、「大出版社にはある程度の自主規制はやむを得ない部分がありますが、慎重に検討したうえで、本当にやむを得ないケースに留めるべきであるという自戒を、この件で関係した全員が学ぶべきでしょう」とTwitterで語っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン