ニュース
» 2015年04月03日 19時15分 公開

「カリオストロ」に影響与えた乱歩の世界 宮崎駿の新企画展「幽霊塔へようこそ展」、ジブリ美術館で開催

会期は2015年5月30日から2016年5月にかけての予定。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 宮崎駿監督が、三鷹の森ジブリ美術館で新企画展示「幽霊塔へようこそ展〜通俗文化の王道〜」を企画・構成します。会期は2015年5月30日から2016年5月にかけての予定。

ALT 左下には宮崎監督のメッセージ「幽霊塔の謎は謎を呼び勇敢な青年と美しい女性との怪奇大ロマンになるのだ」(c)Nibariki (c)Museo d'Arte Ghibli

 展示では宮崎監督が中学時代好きだった江戸川乱歩の小説「幽霊塔」(1937年)の魅力を紹介。60年ぶりに読み返して同作が「通俗文化の王道をゆくものである」と思った理由を監督自身が描き下ろし漫画パネルで解説します。

 また同作のロマンスや時計塔の歯車とその機構は、初の監督作品「ルパン三世 カリオストロの城」に影響を与えたとのこと。会場の中央ホールには宮崎監督デザインの時計塔を設置。中の螺旋階段をのぼると展示室では地下迷宮を思わせる迷路が待ち受け、抜けると「カリオストロの城」のジオラマとその舞台構造について紹介があります。両作のファンはもちろん、子どもから大人まで楽しめそう!

 三鷹の森ジブリ美術館は完全入場予約制なので要注意。毎月10日からローソンで翌月分のチケットを購入することができます。ただし、2015年の夏休みシーズンは一般チケット販売に先行して、特別に抽選販売が実施されます(関連記事)。7月分は5月25日、8月分は6月25日にインターネット&電話で申し込みの受付が開始されます。

ALT 三鷹の森ジブリ美術館にはネコバスやロボット兵もいます

青柳美帆子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声