ニュース
» 2015年04月22日 19時00分 公開

埼玉県警「チカン抑止シール」の使い勝手を検証してみた

2009年から販売されている「痴漢撃退シール」がベース。

[林健太,ねとらぼ]

 埼玉県警鉄道警察隊が電車での痴漢行為抑止を目的に配布している「チカン抑止シール」が話題となっています。

チカン抑止シール 埼玉県警鉄道警察隊が配布している「チカン抑止シール」

 このシールは、携帯電話などに貼って使うシールで、表面には埼玉県警のマスコットキャラ「ポポ美ちゃん」のイラストとともに「×」印と「さわらないで!」という文字が書かれたもの。シールを見せることで痴漢行為に歯止めをかけることが目的です。警告しても行為が止まらない場合は、シール表面をはがしてシールの2層目を痴漢の手に押し付けることで、赤い「×」印を残すことができます。

チカン抑止シール 「チカン抑止シール」の使用方法を説明したチラシ

 女性が痴漢にあった際に声を上げづらいという意見をうけて作られたもので、2015年1月から同隊の派遣所などへ痴漢相談に訪れた女性に無料で配布されています。また、希望すれば誰でももらうことができ、遠方の方などは郵送も可能です。

チカン抑止シール 手の甲に付けられた×印

 シールが話題となると、ネットユーザーの間では賛否の声があがっています。シールがあることで「少しでも痴漢の抑止になれば」、「声をあげることは難しいので少し安心かも」といった期待の声がある一方、「満員電車のなかで痴漢されながらシールをはがす余裕なんてない」「痴漢冤罪が増えそう」といった声も。

 シールが正しく使われ、痴漢行為の抑止につながるのか、埼玉県警鉄道警察隊に聞いてみました。

 「手のひらに×印が付いていたからといって犯人と決めつけることはありません。あくまで補強証拠です。目撃者の確保や捜査するうえで、客観的な証拠のひとつとなります。使用者は痴漢行為をされているときに印を付けてください。また、身動きがとれないほどの満員電車ではシールを見せる、印を残すことは難しいかもしれません。その時は、声を出す、かばんなどの荷物で防ぐ、体をよじる、痴漢をにらむなど、状況に応じて最適な対抗手段を選んでいただければと思っています」

 実際に使い勝手はどうなのか? 編集部でシールを用意し、20代女性記者が使い勝手を検証してみました。

チカン抑止シール 痴漢発生
チカン抑止シール まずはシールを見せて警告
チカン抑止シール 行為が止まらない場合はシールをはがす
チカン抑止シール 行為中の手の甲に「×」印のインクを残す
チカン抑止シール すぐには消えない仕様
チカン抑止シール 補強証拠となる

 使い方は簡単でしたが、体験した女性記者によると「痴漢されているときに震えた手でシールをはがせるかどうかは疑問。はがすのもコツがいりました」とのこと。ただし、「意思表示として『さわらないで』の文字を見せるのは有効だと思います」という感想も。あくまで選択肢のひとつとしてあれば安心という程度でしょうか。また、骨ばった部位ではインクが付きにくく、手の甲の親指下あたりの柔らかい部分に押し付ける必要があったのでご注意を。

 ちなみに、このシールは2009年から神奈川県シール印刷協同組合が販売していた「痴漢撃退シール」をもとにしたもの。仕組みは基本的に同じで、「痴漢撃退シール」は異なるイラストの3枚のシールが入ったセットが2パターンあり、1セット500円(税込・送料別)で販売されています。

痴漢撃退シール 2009年から販売されている「痴漢撃退シール」

 同隊によると、4月から6月にかけては、新学期で慣れない路線で通学する学生が多いことや、薄着になっていく時期ということから、特に痴漢が増えるシーズンとなっているそうです。

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい