ニュース
» 2015年05月14日 19時45分 公開

東京から30分で行ける廃墟 川崎駅前にそびえ立つ巨大ゲーセン「ウェアハウス川崎」のダンジョンっぷりがやばい(1/4 ページ)

中身はちゃんとしたアミューズメントセンターですよ。

[イライザ,ねとらぼ]

 川崎駅の近くに存在するアミューズメントセンター「ウェアハウス川崎」をご存じでしょうか? 香港の廃墟「九龍城」を再現した内装が特徴で、ネットでも「電脳九龍城」としてしばしば話題にのぼる有名店。ネットの画像や、電車の車窓からちらりと見える、その怪しげな外観にグッと来た人も多いのでは。

 それにしても、一体なぜこんなゲームセンターを作ろうと思ったのか……? 筆者も以前から気になっていたのでお邪魔してきました。


画像 夜の取材だったこともあり、夜の闇に浮き上がる古びた外観はホラー映画そのものです

※ウェアハウス店内は撮影禁止ですが、今回は取材のため特別に撮影許可をいただいています



いざ、電脳九龍城砦の門を開かん

 尋常ではないほどサビついた古い建物に、怪しく輝く「ウェアハウス」の文字。18歳未満立ち入り禁止の看板に少々緊張しながら入口をくぐると、「電脳九龍城」のネオンが輝くさらに怪しい扉が現れます。その扉をくぐってさらに奥へと進んでいくと、まるでタイムスリップしたかのような廃墟と化した路地裏が出現。耳を澄ますと、喧嘩をしている(?)ような外国語の会話も聞こえてきます。


画像 入口はこちら。18歳以上じゃないと入店できません

画像 扉を越えると「電脳九龍城」の文字。さらに扉をくぐると……

画像 扉の先には、さらなる不思議なエリアが。廃墟と化した路地裏のようです

画像 古びたお店のそばで耳を澄ますと、なにやら中国語(?)のような会話が聞こえてきます

 そしてその先にはなにやら洞窟のような入口が。くぐり抜けると、まるでロールプレイングゲームの1シーンのような青い水と橋が突如現れます。橋を渡っていくと、駐車場への扉でした。


画像

画像

画像 まるでRPGみたいなこの空間は駐車場へ続く扉でした

 さて、「電脳九龍城砦」と書かれた怪しげなエレベーターに乗り込んで、いざ出陣です。まずは2階へ。


画像 「電脳九龍城砦」と怪しげに光るエレベーターで上の階へ

画像 2階に到着。2階のエレベーターもなんかすごいことになっていますね


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む