ニュース
» 2015年05月12日 14時50分 公開

とうらぶユーザーが三日月宗近公開の東京国立博物館に殺到しルール無視? 実際のところどうだったのか博物館側に聞いてみた

ガラスに指紋? 動かない? ついには撮影禁止なんて事態も?

[ねとらぼ]

 東京国立博物館にて5月12日から、国宝の太刀・三日月宗近が期間限定で公開されています。三日月宗近は、刀擬人化ゲーム「刀剣乱舞」に登場し「おじいちゃん」の愛称で愛されているキャラクターで、以前から展示を熱望する声があがっていました(関連記事)。

刀剣乱舞


 しかし、いざ公開されるとなにやら様子がおかしいことに。ある程度の混雑は予想されていましたが、「フラッシュをたいて撮影している人がいる」「ガラスを触る人がいる」など、ルールに反する行為が見受けられたと話題に。「今後撮影禁止になるかも」と危惧する声もありましたが、一方では「大げさに言いすぎ」など、特に混乱もなく皆が粛々と並んでいたとする投稿も見られました。どういうことなの?

 東京国立博物館の広報担当に確認したところ、開館前から短いながらも列ができており、現在も見るために数人の方が並んでいるとのこと。三日月宗近の前までは多少時間がかかり、十分時間をかけて見ることはできないこともあるようですが、警備員が声をかけていることもあり目立った問題は起きていないそうです。撮影禁止になる可能性についても聞いてみましたが、特に撮影禁止などの措置を取ることは考えていないそうです。同博物館の展示品は基本的に写真撮影可能ですが、館外から借りているものなど一部撮影禁止になっているものがあり、そちらを撮影された方に警備員が声をかけたのではないかとのことでした。

 公開が決定するニュースが流れると反響が大きく、問い合わせも多かったと同博物館。一時はWebサイトにアクセスしづらい状況もありました。ちなみに、2012年9月15日〜30日までの期間に展示されてから未公開だった三日月宗近が公開されたのはゲームの影響ではなく、あくまでも企画にそったものだとか。とはいえ、このタイミングは僥倖。気持ちよく名物を眺めたいものです。



刀剣乱舞 会いに行ける刀剣


※一部ツイートが非公開になってしまったため、ツイート埋め込みを削除し、本文に説明を追加いたしました




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた