ニュース
» 2015年06月08日 11時18分 公開

「ハリポタ」ダンブルドアと「LotR」ガンダルフが結婚式――きっかけはJ・K・ローリングさんのTwitter議論

結婚式の主催者は、「ハリー・ポッター」作者のJ・K・ローリングさんと、同性愛に反対する教会の議論から着想を得たとしています。

[ねとらぼ]

 「ハリー・ポッター」のダンブルドア校長と、「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフ。作品を超えた、偉大な魔法使い同士の結婚式が6月7日に米カンザス州で行われました。

 ダンブルドアが同性愛者であることは、ハリー・ポッターの作者J・K・ローリングさんは2007年に明かしています。ガンダルフは原作では同性愛者との設定はありませんが、映画でガンダルフ役を演じたイアン・マッケランさんが同性愛者であることをカミングアウトしています。

 もちろん2人とも物語上の人物なので、実際には2人に扮(ふん)した地元の俳優が登場。その様子は会場となった「Equality House」のTwitterなどに投稿されています。Equality Houseは、この結婚式の主催者で、平等や環境保護に関する活動をしている非営利団体Planting Peaceが運営する施設。LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の活動シンボルとして知られる「虹」色に塗られた建物です。

会場となったEquality HouseのTwitterアカウント

 Planting Peaceがこの結婚式を企画したきっかけは、ローリングさんのTwitterでの議論を目にしたことだったそうです。議論が起きたのは、アイルランドで同性婚合法化が決定した(関連記事)ときのこと。ローリングさんはネットに出回っている「ダンブルドアとガンダルフがゲイでも構うものか」と書かれたコラ画像とともに、「アイルランドでは2人が結婚できる!」とTwitterに投稿しました。

 これに対して同性愛に反対するウエストボロ・バプティスト教会(米カンザス州)が「J・K・ローリングはダンブルドアとガンダルフをアイルランドで結婚させたがっている。もしそうなったらWBC(ウエストボロ・バプティスト教会)はピケを張る」とリプライ。ローリングさんは「こんな場所でこんな結婚が実現したら、そのすばらしさであなたの偏見も吹き飛ぶでしょう」と反撃します。

 このやりとりから着想を得て、Planting Peaceは結婚式を企画。同団体のEquality Houseは、WBCの向かいにあるからです。

 同団体は「この魔法の結婚式が、偏見に脅かされてもヘイトに立ち向かうよう人々を励まし、すべてのLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア*)の若者に、君たちは愛されて大切にされているのだと伝えるメッセージになることを望む」とコメント。オンライン寄付のページも設けており、WBCのような団体に反論するための支援を「結婚祝い」として寄付するよう呼びかけています。

*既存の性別の枠組みにあてはまらない人

寄付のページ

 ちなみに結婚式当日、WBCは会場には現れず、いつもより多く看板を立てていたとのこと。WBCはピケを張るには看板があれば十分としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声