ニュース
» 2015年07月12日 16時41分 公開

新国立競技場がカネゴンやルンバに変身 ハッシュタグ「新国立競技場クソコラグランプリ」Twitterで盛り上がる

競技用ヘルメットやビグザム、バトルドームなど、コンペ優秀賞デザインがいろんな雑コラに。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 試算の1625億円から大きく膨らみ、2520億円の総工費がかかることが分かった新国立競技場。この完成予想図を使って皮肉じみたコラージュ画像を投稿するハッシュタグ「#新国立競技場クソコラグランプリ」がTwitterで盛り上がりを見せています。

画像 新国立競技場の完成予想図。これが……

 コラージュでは新国立競技場の丸く平べったい外観がさまざまなモチーフに変身。自動掃除機のルンバになぞらえ「新型ルンバ、今ならなんと! 2520億円!」と無謀なアオリ文句が付けられたり、お金を食べる怪獣・カネゴンの平べったい頭部とすり替えて「金をめっちゃ食う」と形容されたりと、高い総工費が風刺されています。

 また設計最大の特徴である、約370メートルのアーチを使った屋根(950億円相当)を活かしたコラージュもさまざま。その流線型のような形から自転車競技用のヘルメットやレーシングゲーム「F-ZERO」のマシンにすげ替えられているのですが、違和感が働きません。屋根の中央にぽっかり空いた穴も、そこから「リング」の貞子が出てきたり便座に例えられたり。国際デザインコンクールの最優秀賞のデザインがなんたる雑な扱いに。

 新国立競技場は、2012年に約1300億円の想定費用でデザインを日本スポーツ振興センターが公募。イラク出身の建築家であるザハ・ハディドさんが考えた今回のデザインに採用が決まりました。しかし総工費が3000億円以上かかることが判明したので、設計の規模を縮小し、昨年5月に試算1625億円となる修正案が公開。それでも資材の高騰や建設が大規模かつ難易度が高いことなどから、最終的に2520億円になると今年7月7日に発表されました。10月に着工、2019年5月には完成し、2020年東京五輪のパラリンピックメイン会場になるとされています。

画像 クソコラは続々増えています

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」