ニュース
» 2015年07月12日 16時41分 公開

新国立競技場がカネゴンやルンバに変身 ハッシュタグ「新国立競技場クソコラグランプリ」Twitterで盛り上がる

競技用ヘルメットやビグザム、バトルドームなど、コンペ優秀賞デザインがいろんな雑コラに。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 試算の1625億円から大きく膨らみ、2520億円の総工費がかかることが分かった新国立競技場。この完成予想図を使って皮肉じみたコラージュ画像を投稿するハッシュタグ「#新国立競技場クソコラグランプリ」がTwitterで盛り上がりを見せています。

画像 新国立競技場の完成予想図。これが……

 コラージュでは新国立競技場の丸く平べったい外観がさまざまなモチーフに変身。自動掃除機のルンバになぞらえ「新型ルンバ、今ならなんと! 2520億円!」と無謀なアオリ文句が付けられたり、お金を食べる怪獣・カネゴンの平べったい頭部とすり替えて「金をめっちゃ食う」と形容されたりと、高い総工費が風刺されています。

 また設計最大の特徴である、約370メートルのアーチを使った屋根(950億円相当)を活かしたコラージュもさまざま。その流線型のような形から自転車競技用のヘルメットやレーシングゲーム「F-ZERO」のマシンにすげ替えられているのですが、違和感が働きません。屋根の中央にぽっかり空いた穴も、そこから「リング」の貞子が出てきたり便座に例えられたり。国際デザインコンクールの最優秀賞のデザインがなんたる雑な扱いに。

 新国立競技場は、2012年に約1300億円の想定費用でデザインを日本スポーツ振興センターが公募。イラク出身の建築家であるザハ・ハディドさんが考えた今回のデザインに採用が決まりました。しかし総工費が3000億円以上かかることが判明したので、設計の規模を縮小し、昨年5月に試算1625億円となる修正案が公開。それでも資材の高騰や建設が大規模かつ難易度が高いことなどから、最終的に2520億円になると今年7月7日に発表されました。10月に着工、2019年5月には完成し、2020年東京五輪のパラリンピックメイン会場になるとされています。

画像 クソコラは続々増えています

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む