ニュース
» 2015年08月03日 17時32分 公開

GYAOと漫画家赤松健がJコミックテラス設立 無料電子コミックサービス「マンガ図書館Z」の提供を開始

「絶版マンガ図書館」がサービス拡充してリニューアル。

[ねとらぼ]

 GYAOと漫画家の赤松健さんが6月16日に「株式会社Jコミックテラス」を設立。Jコミが運営する「絶版マンガ図書館」の事業を引き継ぎ、8月3日より「マンガ図書館Z」としてリニューアルした。


マンガ図書館Z

 2010年に立ち上げた電子書籍サイト「Jコミ」が昨年7月11日より「絶版マンガ図書館」として大幅にバージョンアップ。「古今東西の全てのマンガを収集し、『日本のマンガ文化の100%保存』の一翼を担う」「絶版マンガの海賊版を、完全に撃滅する」を目的に運営していた。


マンガ図書館Z

 「マンガ図書館Z」も引き続き出版社が取り扱わないマンガ作品を電子書籍化して、広告付きで無料配信することを主軸にしたサービスとなる。リニューアルに際してプロ・アマチュアを問わず、作家が自由に自分の作品をアップロードして公開できるプラットフォームへ刷新。51カ国語への自動翻訳に対応した新型ビューワーでの無料閲覧に加え、「電子透かし入りPDF」のダウンロード販売、Kindleストアでの有料販売に対応した。また、作家の許諾を得た未単行本化作品などのプリント・オン・デマンド販売も今秋販売開始を予定している。


マンガ図書館Z マンガ図書館Z」トップページ

マンガ図書館Z 51カ国語への自動翻訳に対応した新型ビューワー

 作品内で配信される広告で得た収益は、各作品を提供している作家へ100%還元。販売で得た収益も最大限作家に還元するとしている。「マンガ図書館Z」の提供により海賊版を撲滅し、作家の収益を最大化することで、電子書籍および出版市場の健全な発展に寄与すると打ち出している。

 なお、月額300円(税別)の「プレミアム会員」入会者へ、「ビューワー内の広告表示なしで作品を楽しめる」「電子透かし入りPDFを毎月1冊選んでダウンロードができる」「成人向け作品が読める」「本棚への登録可能冊数が無料会員の7冊から5000冊に拡大する」といった特典を受けることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー