ニュース
» 2015年08月08日 11時00分 公開

ドイツはアニメイベント大国? 大型アニメコンベンション「AnimagiC(アニマジック)」に行ってきた

ドイツで3日間にわたって開催される大型アニメコンベンションをリポート。ドイツってアニメ関連のイベントがかなり多いんです。

[Kataho,ねとらぼ]

 ドイツ西部、旧西ドイツ時代の首都ボンで7月31日から8月2日の3日間、大型アニメコンベンション「AnimagiC(アニマジック)」が開催された。近隣諸国やドイツ各地からアニメ・漫画ファンが集まるイベントで、今年も1万5000枚のチケットが完売。その模様をお伝えする。

 会場はボン中央駅から徒歩20分ほどのところにあるコンサート施設「ベートーベン・ホール」。メインのコンサートホール以外にも会議室や通路など館内すべてを使用し、企業ブースや制作者によるパネル、アニメ作品の上映ルーム、物販ブースが展開する。

画像 メインホール。ファンによるショーグループがリハーサル中でした
画像 入場待機列の様子。当日は好天に恵まれました

 アニマジックはアニメ専門誌「AnimaniA」(アニマニア)が主催する商業イベント。ファンが主体となって開催するアニメコンベンションとは異なり、企業ブースや最新作などを紹介する企業パネルが充実しているのが特徴。制作関係者と直接交流する機会があるためか、よりコアなファンに支持されているという。

画像 アニメと漫画の両方を販売するKAZÉ
画像 漫画出版社大手のひとつEMA

 同イベントでは、主催が雑誌編集を通して築いてきた日本サイドとのつながりを活用し、招待ゲストにも力を入れている。今年は、アニメ「スペース☆ダンディ」や「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎監督、漫画「るろうに剣心」の作者・和月伸宏さんなどが招待されファンとの交流を楽しんだ。アニメ「Fate/stay night」の主題歌を歌う歌手の綾野ましろさんなども招待され歌声を披露し、イベントを盛り上げた。

画像 開会式で紹介される招待ゲスト
画像 ドイツの漫画家クリスティーナ・プラカさんもゲスト参加

ドイツで人気のマンガは?

 アニマニア編集長でアニマジックの主催者でもあるトーマス・ヴェブラーさんによると、同イベントの参加希望者は供給が需要に追いつかない状態だという。施設の収容人数の都合でこれ以上規模を拡大できないのだそうだ。

 マンガファンは増加傾向にあると話してくれたのは、ドイツ語翻訳マンガ最大手の出版社カールゼンの漫画部門のカイ=シュテフェン・シュヴァルツ編集長。ファンの数はフランスと比較すると少ないかもしれないが、増えるスピードはドイツのほうが優っているという。カールゼンでは最近、読者の成長にあわせて青年漫画の開拓にも力を入れている。現在ドイツで最も人気があるのは「進撃の巨人」(出版:カールゼン)と「東京喰種トーキョーグール」(出版:KAZÉ)。

画像 カールゼンのシュヴァルツ編集長

 アニメ「Fate/stay night」などを販売するpeppermint animeのブースで関係者に聞いたところ、ドイツには日本と同様にものを大事にする文化があるという。DVDのブックレットなど、こだわりをもって制作すると応えてくれるファンがいる。今後もさまざまなアニメを販売したいと語ってくれた。

 ハンブルクでマンガ教室Manga Hamburgを運営するフィリップ・ペアバンドさんは、これ以上ファンが増えるかどうかは分からないが、イベントは増えるのではと予想する。ファンは交流の機会をもっと求めており、交流の場としてのイベントの需要はまだまだ拡大の余地がありそうだという。

画像 招待ゲストのひとり歌手の綾野ましろさんからサインをもらい喜ぶファン
画像 漫画教室Manga Hamburgの特設ブース

ドイツは欧州のアニメイベント大国

 欧州ではフランスの首都パリで開催される大型日本紹介イベント「Japan Expo(ジャパン・エキスポ)」がよく知られているが、ドイツのイベントは首都ベルリンだけに終わらない。文化、経済の中心はドイツ全土に分散化していて、イベントも各地で開催されている。

 参加人数が1万人(のべ)を超える大型アニメコンベンションだけでも、8月開催のアニマジックのほか、以前紹介したコンニチ(9月開催、関連記事)があり、5月ごろには日本人が最も多く住むデュッセルドルフで開催されるDokomi(ドコミ)がある。

画像 ドコミの閉会式。2014年撮影

 主要な各都市でも、中規模のアニメコンベンション(参加者1万人未満)が開催されている。4月にミュンヘンで開催されるAniMUC(アニムック)を筆頭に、6月はハンブルクのChiisaiCon(チイサイコン)やフランクフルトのCosday2(コスデイ)、10月にはベルリンのMMCが開催されるほか、コンニチの以前の開催地であるマンハイム近郊のルトヴィクスハーフェンでも5月にHanami(ハナミ)という数千人規模の中堅アニメコンベンションがある。

 ドイツ東部でもファン同士の交流は活発だ。ドレスデンのDeDeCo(デデコ)は2月の開催。地元カメラマンと協力し複数の撮影ブースを用意するなど、コスプレイヤー向けの企画が充実しているのが特徴。近年では周辺の町ツヴィッカウで新たなイベントがスタートするなど、まだまだこの勢いは止みそうにない。

 さらに、このようなアニメ・マンガファン向けに特化したアニメコンベンション以外にも、日本紹介イベントの「日本デー」(デュッセルドルフ)やコスプレイヤーが集まるフランクフルトやライプツィヒのブックフェアなど、とにかくイベントが多い。

 アニメコンベンション自体はどこの国でも実施されているが、1万人を超える規模のイベントが国内数カ所で、しかも首都以外で開催される国は欧州でもドイツくらいだろう。

 ドイツではコンニチや先に取り上げたアニメ・マラソン(関連記事)など、オフ会タイプのイベントが好まれる傾向がある。同じ趣味の友達と会う場としてのアニメコンベンションが求められているのだ。加えて人口が分散化していることから、こうした「大きなオフ会」が各地で行われている。ドイツでイベントが活発に開催されているのにはそうした背景があるのだろう。

 仕事や旅行でドイツに来る際は、イベントが開催されてないか一度調べてみてはいかがだろうか。アニメ・マンガ文化を通した国際交流の機会は意外と多い。

アニマジックのコスプレイヤー

 最後に、アニメファンのイベントといえばやはりコスプレ。アニマジックでは館内やホール前の芝生エリアにとどまらず、近くを流れるライン川沿いもコスプレを楽しむファンたちでにぎわっていた。

画像 アニメ「狼と香辛料」のホロ。ドイツの古い町並みと相性抜群?
画像 アニメ「弱虫ペダル」から。ドイツではファンはまだ少ないという
画像 オンラインゲーム「刀剣乱舞」のコスプレグループ
画像 アニメ「ラブライブ」のグループ
画像 任天堂のシューティングゲーム「スプラトゥーン」
画像 定番のひとつ「初音ミク」
初掲載時、東京喰種トーキョーグールの出版社をTOKYOPOPとしておりましたがKAZÉの誤りでした。お詫びして訂正します(8月13日)。

(写真撮影:ニコラス)


著者紹介

Kataho:ドイツ、フランクフルト在住のアニメ・ボカロ好き。日本文化を通じたドイツと日本の交流に興味があり、ドイツ各地の日本イベントに参加(Twitter:@sakaikataho


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」