ニュース
» 2015年08月19日 20時45分 公開

最高にハイってやつ! カナダ・エドモントン市で展開するバスのCMのテンションがなんだかおかしい

”クール”のゴリ押しが始まる!

[高城歩,ねとらぼ]

 カナダ・エドモントン市で展開するETS(Edmonton Transit System:公共交通機関)のバスCMの劇的なハイテンションっぷりがクセになりそうです。

ETS COOL Bus - Full Length

 バスが到着するやいなやバス停で待っていた人々は大盛り上がり。ドアが開くと同時に勢いよく乗り込んでいく老若男女。シートにうっとりしたり、座り心地に満足したり、座席を選んで、窓を開けただけで満面の笑みが広がります。乗客のテンションとは一線を隔する、落ち着いたダンディボイスのナレーションがまるで大作映画を見ているかのような気分に。 


画像 なんなんだこのテンション

画像 空気を入れ替えるだけでこの笑顔である

画像 まるでイケメンと絡んでいるかのごとく、シートにうっとりする女性

 そして、そこにハリウッド映画さながら「真の主役のお出ましだぜ」とでも言いたげな雰囲気をまとった運転手が登場。最初からバスに乗ってるんじゃないんかい! というツッコミはさておき、「イエス、アイム、クール」とドヤ顔を披露してくれる運転手さんがなかなかツボです。とにかく「クール」をごり押ししてきます。

 最後にリアルタイム運行情報がスマートフォンで確認できるという補足付き。スマホ画面が発光し、謎の風をまとう女性の表情もオーバー。「なぜそこまで」というコテコテの演出があふれ出しており、CMは最初から最後まで謎テンションでした。


画像 映画だったら確実に「アルマゲドン」の主題歌流れてるレベル

画像 ドライバー渾身のドヤ顔

 このCMはカナダ国外でも話題となり、なぜか運賃が議論になったりする一方で「なんかよくわからんけど元気が出た」というコメントも。なお、エドモントン市は公共交通機関、特にバスをアピールするために車内でサプライズコンサートを催したりしている様子。これからも斜め上の発想で走り続けていただきたい。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響