ニュース
» 2015年08月29日 15時00分 公開

目黒川沿いの一軒家がスヌーピーのテーマカフェ「PEANUTS Cafe」としてオープン

本格的なカリフォルニアダイニングで10月2日の「PEANUTS」65周年に合わせて。

[ねとらぼ]

 「PEANUTS」(ピーナッツ)65周年を迎える10月2日、スヌーピーのテーマカフェ「PEANUTS Cafe」がオープンする。

ピーナッツ

 場所は目黒川沿いの一軒家。アメリカの西海岸をテーマにしており、20代以上の大人をメインターゲットとしたカフェとなる。ネオンサインやコミックが描かれた壁など遊び心溢れる開放的な空間の1階、階段を上るとアンティークのおもちゃなどが並ぶピーナッツコレクターの隠れ家のような2階、そして緑豊かなボタニカルな空間が広がる作り。

 スヌーピーやウッドストックなどキャラクターにちなんだフードやデザート、ドリンクメニューが用意される。店内で使用の陶器やマグカップをはじめ、チョコチップクッキーやTシャツなど、カフェオリジナル商品の販売も予定している。

ピーナッツ “ザ・グースエッグス”スライダー(予価1880円)
ピーナッツのエピソードに登場した野球チーム、ザ・グースエッグスにちなんだボリュームたっぷりのスライダーのプレート。 個性溢れる4つのミニサイズのバーガーが楽しめる

ピーナッツ “ビーグル・スカウト”スモア(2〜3人分、予価1680円)
スヌーピー率いるビーグル・スカウトたちがキャンプで楽しんだ焼きマシュマロ

ピーナッツ ピーナッツバターミルクセーキ/チョコチップミルクセーキ(予価880円)
ピーナッツの仲間たちのサンドイッチでは定番のピーナッツバターをミルクセーキのフレーバーに。スヌーピーの大好物チョコチップクッキーを使ったミルクセーキも

ピーナッツ 「PEANUTS Cafe」自家製クッキー各種やクッキーアソートセット、オリジナル食器やマグカップ各種などカフェオリジナルグッズも展開予定

 コミック「ピーナッツ」(原題:PEANUTS)は、1950年10月2日にアメリカの7紙で連載がスタート。現在も75カ国21の言語、2200紙で掲載されており2015年10月に65周年を迎える人気作。12月4日には初のCG/3D映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE(邦題)」の公開が予定されている。

PEANUTS Cafe( ピーナッツ カフェ )

  • オープン日:2015年10月2日
  • 住所:〒153-0042 東京都目黒区青葉台2-16-7
  • 営業時間:11時〜23時(予定)

(C)2015 Peanuts Worldwide LLC ( 短縮形 © 2015 Peanuts )


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響