ニュース
» 2015年09月01日 08時00分 公開

これ本当に機械使っていないの? ボカロみたいな声で歌えるアメリカの女子大生が話題に

世界中に広がる驚き。天然の“デジ声”。

[さとり,ねとらぼ]

 特殊な機材を使わずにボーカロイドのような生声で歌うアメリカの女子大生が注目されています。8月にYouTubeへ投稿されたトリー・ケリーの「Paper Hearts」の弾き語りカバーは、1週間で100万回以上再生。「この機械みたいな声はなんだ……?」「とってもユニークで大好き!」と驚きと称賛の声がコメント欄に並んでいます。

 天然の“デジ声”の持ち主は、フロリダの大学に通う18歳のEmma Robinsonさんです。実は最初に注目を浴びたのは2013年の16歳のとき。リアーナの楽曲「stay」を歌ってYouTubeにアップしたところ、生声なのにオートチューン(※声を機械的にする音楽効果ソフト)を使っているようだと話題になりました。

 歌声が本物なのか疑う人もいたようですが、2013年のThe Associated Pressによるインタビューで、彼女は特殊機材の使用を否定。あくまで発声の技術であることを主張しました。ABC ACTION NEWSも歌声を現場で確認し、本物だったと報道。このボカロのような歌声は天然なのです……!

画像 「Paper Hearts」をピアノで弾き語りするEmmaさん

 彼女は現在ユーチューバーとして、定期的にカバー曲を投稿しています。前述の動画以外にも数十万回再生されているものも多くあります。彼女の歌声はそれほどまでに印象的なのでしょう。

さとり


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた