ニュース
» 2015年10月05日 13時37分 公開

菅野よう子作曲 五五七二三二〇「ポンパラ ペコルナ パピヨッタ」が異世界感たっぷり

クセになる。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「ポンパラ ペコルナ パピヨッタ」という謎の言葉の繰り返しが耳に残る五五七二三二〇のセカンドシングル「ポンパラ ペコルナ パピヨッタ」のオンライン先行配信が10月5日に始まりました。作曲・編曲は菅野よう子という安定の1曲です。

五五七二三二〇 2nd シングル「ポンパラ ペコルナ パピヨッタ」PV

 これは、日清シスコがココナッツサブレの発売50周年記念で実施している「おかしなイメチェン」キャンペーンの第2弾。アイドルユニット・私立恵比寿中学(エビ中)が「私立恵比寿中学とは違うユニット」として期間限定で結成している五五七二三二〇が、50周年という節目の年に「変わるべきか、変わらぬべきか」と葛藤するココナッツサブレの心情を、子どもから大人に変わる時期の悩みと重ねて合唱で表現しています。深い。

ポンパラ ペコルナ パピヨッタPVより ポンパラ
ポンパラ ペコルナ パピヨッタPVより ペコルナ
ポンパラ ペコルナ パピヨッタPVより パピヨッタ!

「合唱」「音符」「葛藤」をモチーフにデザインした限定パッケージ3種類も発売 キャンペーンに合わせ、「合唱」「音符」「葛藤」をモチーフにデザインした限定パッケージ3種類も発売

 発売に先駆け、中高生の間で人気の動画コミュニティー「MixChannel」上でティーザープロモーションを展開。彼女たちによるポンパラ ペコルナ パピヨッタの勝手な解釈は、「おなかがすきすぎてヤバい状態」とのこと。

 同日には私立恵比寿中学自らが企画・監督・撮影・出演したものの、自由過ぎる世界観からボツになったPVも公開されています。ますます迷走する(?)ココナッツサブレの発売50周年キャンペーン。いいぞもっとやれ!

動画が取得できませんでした
フリーーーダム!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」