ニュース
» 2015年10月06日 13時00分 公開

作家・町田康さんの現代語訳「こぶとりじいさん」がポップと話題に 「やっぱ、瘤、いこうよ、瘤」

あの「こぶとりじいさん」がマジでヤバいことに!

[西尾泰三,ねとらぼ]

「ポップでフリーな即興の歌詞を歌いながら、珍妙な踊りを踊った」

「ここまで言うんだからマジじゃね? やっぱ、瘤、いこうよ、瘤」

「もう、いいよ。見てらんない。なんか、小便臭いし」

「奇怪な鬼に瘤を除去される」が無料公開 無料公開された「奇怪な鬼に瘤を除去される」

 作家・町田康さんが現代語訳した「宇治拾遺物語」の一遍「奇怪な鬼に瘤を除去される」が9月29日にWebで無料公開され、話題を呼んでいます。

 河出書房新社創業130周年記念企画として2014年11月から刊行を始めた「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」シリーズ。町田さんは9月に発売された「日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集」で宇治拾遺物語の現代語訳を手掛けています。

 無料公開された「奇怪な鬼に瘤を除去される」は、いわゆる「こぶとりじいさん」のお話。町田さんのセンスにより登場するお爺さんや鬼たちの思考や行動が現代的な感覚で表現され、約800年前の物語とは思えないほどみずみずしいものとなっています。

 町田さんはその発想と表現の自由さで、これまで芥川賞(きれぎれ)、萩原朔太郎賞(土間の四十八滝)、川端康成文学賞(権現の踊り子)、谷崎潤一郎賞(告白)、野間文芸賞(宿屋めぐり)などを受賞しています

 町田さんは新訳にあたり、以下のようなコメントを寄せています。

翻訳しているといまはどうしたって見たり聞いたりすることのできない昔の人の声や顔が見えたり聞こえたりするようで楽しくてなりません。現代の日本語が過去に広がっていくような感覚もあります。この感じを届けたいと思います。
(河出書房新社 池澤夏樹個人編集 日本文学全集 特設サイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」