ニュース
» 2015年10月09日 15時56分 公開

「深い悲しみと憤りを覚えました」 NGO「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が「そうだ難民しよう」イラストに言及

元写真を撮影したのは「セーブ・ザ・チルドレン」のメンバーだったとのこと。

[コンタケ,ねとらぼ]

 NGO(非政府組織)の「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が、シリア難民の一部を「不法移民」であるとしてFacebookに投稿されたイラスト(関連記事)についてコメントを発表しました。


セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」のコメント

 コメントによると、イラストの元となった写真を撮影したジョナサン・ハイアムズ氏は「セーブ・ザ・チルドレン」のメンバーであり、写真の著作権はジョナサン・ハイアムズ氏にあるとしています。また、「深い悲しみと憤りを覚えた」とし、「当該イラストの転載・流用はお控えくださるようお願いいたします」とのことです。

 「セーブ・ザ・チルドレン」では子どもの写真を撮る際に、子どもたちが置かれている状況を世界に伝えるために写真を使う許可を子どもとその保護者から得て撮影しているそうです。今回の件で、難民の家族との約束を破ることになってしまい非常に残念に思うとともに、引き続きシリア内戦によって罪のない子どもたちが犠牲になることのないよう求めていくとしています。


元写真 イラストの元となった写真(画像はセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンより)

(コンタケ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10