ニュース
» 2015年10月26日 13時15分 公開

マンガ「紅殻のパンドラ」が劇場アニメ化! 「攻殻」士郎正宗さん原案の近未来バディアクション

上映館は「角川シネマ新宿」「伏見ミリオン座」「梅田ブルク7」。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 「角川ニコニコエース」で連載中のマンガ「紅殻のパンドラ」がアニメ化、12月5日から劇場イベント上映版として公開されることが決定した。

劇場イベント上映版「紅殻のパンドラ」 劇場イベント上映版「紅殻のパンドラ」

 原作は、「アップルシード」「攻殻機動隊」などで知られる士郎正宗さん原案、「エクセル・サーガ」を手掛けた六道神士さん作画による近未来バディアクション。「全身義体」の少女・七転福音が、重武装のテロリストや大量破壊兵器がのさばる人造のリゾートアイランド「セナンクル島」で、途方もない「新生活」に見舞われるというストーリー。主人公・七転福音の声を担当するのは、「アイカツ!」白樺リサ役などで知られる福沙奈恵さん。アニメーション制作は「ハロー!!きんいろモザイク」を手掛けたStudio五組などが担当する。

おかげさまで「紅殻のパンドラ」がアニメ化される事になりました。六道氏ならびに関係諸氏の努力の賜物であろうと思います。ノリの良い楽しいアニメになることを期待し、楽しみにしております。
 ――映画公式サイトに掲載された士郎正宗さんのコメント

 各上映館では舞台挨拶を実施予定。12月5日、12日、13日には東京で、6日には名古屋や大阪で名和宗則監督や六道神士さんらが登壇予定。詳細は公式サイトで発表される。また、公開1週目の来場者特典として「六道神士描き下ろし複製ミニ色紙」が、2週目には「谷拓也描き下ろし複製ミニ色紙」が用意されている。

 上映館は「角川シネマ新宿」「伏見ミリオン座」「梅田ブルク7」で、期間は12月18日までの2週間。映画本編は約50分。当日入場料金は一般1200円、前売り1100円。

「紅殻のパンドラ」映画公式サイト 「紅殻のパンドラ」映画公式サイト

(C)2015士郎正宗・六道神士/KADOKAWA角川書店/紅殻のパンドラ製作委員会

 

(宮澤諒)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響