ニュース
» 2015年10月26日 16時05分 公開

舞台版「ハリポタ」は原作の19年後を描いた正統後継作 ハリーと息子・アルバスに暗闇が忍び寄る

ワールドプレミア公演はロンドンのパレス・シアターで2016年7月30日上演予定。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 2016年に上演予定とされていた舞台版「ハリー・ポッター」の詳細が発表されました。タイトルは「Harry Potter and the Cursed Child」(日本語で、ハリー・ポッターと呪われた子ども)、ハリーと彼の末の息子・アルバスを中心とした物語が描かれます。

Harry Potter and the Cursed Child 「Harry Potter and the Cursed Child」公式サイト

 同作は、原作小説の第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝」の19年後を描いた正統後継で、第8作という位置付け。脚本は原作者のJ・K・ローリングさんのほか、ミュージカル「ONCE ダブリンの街角」でトニー賞を受賞した演出家のジョン・ティファニーさんや、脚本家のジャック・ソーンさんらが執筆しています。

 学校に通う3人の子どもを持ち、魔法省での仕事に追われる中で、これまでのような英雄としての「ハリー・ポッター」であり続けることが困難になったハリー。息子であるアルバスにも、英雄の息子という重圧がのしかかり、それが苦痛になっていきます。そうした状況の中で、過去と現在とが不気味に混ざり合い、ハリーとアルバスはある不愉快な真実を知ることに。さらに想定外の場所から、暗闇が忍び寄ってくるという波乱の幕開けを感じさせるストーリーになっています。

 舞台は昼・夜、または二夜連続となる二部構成で、ロンドンのパレス・シアターで行われるワールドプレミア公演は2016年7月30日を予定。キャストは今後発表されます。

第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝」 第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝」

(宮澤諒)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響