ニュース
» 2015年11月04日 14時20分 公開

ハリポタ新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」来冬公開! 舞台は「賢者の石」から約70年前のアメリカ

主人公・ニュート・スキャマンダーを演じるのは、俳優・エディ・レッドメインさん。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 世界中を席巻した映画「ハリー・ポッター」シリーズの最新作タイトルが世界同時発表されました。日本でのタイトルは「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。原題は「Fantastic Beast and Where to Find Them」(幻の動物とその生息地)ですが、日本を含む12カ国で独自のタイトルを採用しているそう。劇場公開は2016年冬を予定しています。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 タイトルロゴ

 ハリー・ポッターシリーズの作者、J・K・ローリングさんの著書「幻の動物とその生息地(Fantastic Beasts and Where to Find Them)」が原作。第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」から約70年前のアメリカを舞台に、ハリーやハーマイオニーたちがホグワーツ魔法学校の授業で使っていた教科書“幻の動物とその生息地”を編纂(へんさん)した魔法使い・ニュート・スキャマンダーを主人公とした物語が描かれます。J・K・ローリングさんが映画の脚本に携わるのは今回が初めてのことで、物語は同作のための書き下ろし。

幻の動物とその生息地 幻の動物とその生息地

 主人公・スキャマンダーを演じるのは「彼女と博士のセオリー」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエディ・レッドメインさん。ヒロイン役は、「インヒアレント・ヴァイス」のキャサリン・ウォーターストンさん。その他、魔法使い役として「マイノリティ・リポート」にも出演したコリン・ファレルさんも出演するそうですが、詳細は明らかとなっていません。監督はシリーズ5〜8作を手掛けたデイビッド・イェーツさん、プロデューサーはシリーズ全作を担当したデイビッド・ヘイマンさんが続投します。

 2011年公開の「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」以来約5年ぶりとなる最新作。公開までまだ1年ありますが、今から楽しみですね。

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」