ニュース
» 2015年11月04日 17時50分 公開

早稲田大学、博士学位取り消しに関する小保方氏の発言に反論

「社会風潮を重視した結論」といった小保方氏のコメントに早稲田大学が反論した。

[ねとらぼ]

 早稲田大学は11月4日、小保方晴子氏の博士学位取り消しに関し、小保方氏が発表したコメントについて反論した

早稲田大学 早稲田大学のコメント

 同校は2014年10月に小保方氏の学位を取り消すと発表していたが、大学側の指導・審査過程に重大な不備・欠陥があったと認め、猶予期間を設けていた(関連記事)。その後、何度か改訂稿が提出されたが、審査に付すべき完成度に達していないと判断し、博士学位の取り消しを確定した(関連記事)。

 小保方氏はこの決定について、前回の博士号授与時の判断と大きくかい離する、社会風潮を重視した結論など反論していた。

 早稲田大学はこれに対し、事実と異なる点と誤解と思われる指摘があるとし、博士号授与時と審査の基準は変わっておらず、小保方氏が訂正作業を完了できないままに猶予期間が満了したと説明。

 同氏が、審査教官から「博士として認めることのできないのは一連の業界の反応を見ても自明なのではないか」と告げられたとする主張については、前後の文脈を無視した引用であり、「不明瞭な疑惑がひとつでもある場合、またそれを解消する姿勢が著者に見られない場合、信頼できる博士および論文として認めるのは難しいことは、昨年の一連の業界の反応を見ても自明なのではないか」とする指摘の一部と思われるとしている。

 また心身への状況配慮がなかったとする小保方氏のコメントには、医師の診断結果を考慮しながら対応することを心がけていたと反論。1回のやり取りだけで不合格の判定をされたとする主張にも、3回にわたって直接の指導を行ったと述べている。

 小保方氏が主張するように社会風潮を重視した結論を出すのであれば1年前に即時に博士学位を取り消していたが、「教育の場として学生の指導と責任を放棄しない」という信念から猶予期間を設けて指導を行ってきたと同校。

 「残念ながら、両者の努力が十分な結果を得るに至らないまま猶予期間が満了してしまいました。それは、教育の場としての本学にとっても辛い結果ではありますが、これは学問の府として揺るぎない基準をもって博士学位にふさわしい論文を評価するとの姿勢の帰結でもあります」(早稲田大学)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる