ニュース
» 2015年11月06日 12時55分 公開

最終回で主人公が出版社を殴ってぶっ壊す 異色の4コマ漫画「ポプテピピック」がゆるーく笑いの鋭角をえぐってくる

「今日も1日がんばるぞいって私が言い出したことになんねえかな〜」。

[高城歩,ねとらぼ]

 Webコミックサイト「まんがライフWIN」にて連載している大川ぶくぶさんの漫画「ポプテピピック」がSNSを中心にじわじわと話題になっています。

 主人公は14歳のポプ子ちゃんとピピ美ちゃん。絵柄的に脱力系日常4コマギャグかと思いきや、ポプ子ちゃんの意味不明な言動と外道っぷりがとにかく目立つ。ストッパーであり、良心かと思っていた相方のピピ子ちゃんも若干アレなので当然漫画の内容は謎に満ちたカオスに。よく分かりませんが中毒性があるっぽい。

 時事ネタや最近のナウでヤングな流行を取り入れつつ、それらのまっさらな土壌を良い意味で踏み荒らしていく感じがたまりません。これはアンチも多いのでは……!(ワクワク)


画像 まんがライフWINのページより。一気に全話読めますぜ

 個人的には「アナ雪」と「今日も1日がんばるぞい」、最新話の「サブカルクソ女」ネタがオススメです。「ベーコンムシャムシャくん」に関してはもう何も言うことはありません。



 最終回フラグと打ち切りフラグが乱立していますが、現在も連載は継続中。読者は今後もポプ子とピピ子に振り回されていくのです。ちなみにファン待望の単行本第1巻は12月7日に発売予定。竹書房さんの懐の深さに涙が出そうになりますね。

 正面切って「つまんねぇよな」と言われると「ああ”””!?!?」と完全にキレそうになりますが、「めっちゃ面白いよね!!!」と力説されると「お、おう……(大丈夫?)」となってしまう不思議な漫画、それが「ポプテピピック」。あらすじの「暗闇は無く、無知があるのみ。」というシェークスピアの名言が全てを物語っているのかもしれません。

 

※初出時「ピピ子」としていましたが、正しくは「ピピ美」でした。お詫びして訂正します。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」