ニュース
» 2015年11月06日 12時55分 公開

最終回で主人公が出版社を殴ってぶっ壊す 異色の4コマ漫画「ポプテピピック」がゆるーく笑いの鋭角をえぐってくる

「今日も1日がんばるぞいって私が言い出したことになんねえかな〜」。

[高城歩,ねとらぼ]

 Webコミックサイト「まんがライフWIN」にて連載している大川ぶくぶさんの漫画「ポプテピピック」がSNSを中心にじわじわと話題になっています。

 主人公は14歳のポプ子ちゃんとピピ美ちゃん。絵柄的に脱力系日常4コマギャグかと思いきや、ポプ子ちゃんの意味不明な言動と外道っぷりがとにかく目立つ。ストッパーであり、良心かと思っていた相方のピピ子ちゃんも若干アレなので当然漫画の内容は謎に満ちたカオスに。よく分かりませんが中毒性があるっぽい。

 時事ネタや最近のナウでヤングな流行を取り入れつつ、それらのまっさらな土壌を良い意味で踏み荒らしていく感じがたまりません。これはアンチも多いのでは……!(ワクワク)


画像 まんがライフWINのページより。一気に全話読めますぜ

 個人的には「アナ雪」と「今日も1日がんばるぞい」、最新話の「サブカルクソ女」ネタがオススメです。「ベーコンムシャムシャくん」に関してはもう何も言うことはありません。



 最終回フラグと打ち切りフラグが乱立していますが、現在も連載は継続中。読者は今後もポプ子とピピ子に振り回されていくのです。ちなみにファン待望の単行本第1巻は12月7日に発売予定。竹書房さんの懐の深さに涙が出そうになりますね。

 正面切って「つまんねぇよな」と言われると「ああ”””!?!?」と完全にキレそうになりますが、「めっちゃ面白いよね!!!」と力説されると「お、おう……(大丈夫?)」となってしまう不思議な漫画、それが「ポプテピピック」。あらすじの「暗闇は無く、無知があるのみ。」というシェークスピアの名言が全てを物語っているのかもしれません。

 

※初出時「ピピ子」としていましたが、正しくは「ピピ美」でした。お詫びして訂正します。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」