ニュース
» 2015年11月06日 15時00分 公開

あの「バカ田大学」が本当に開講 “バカとは何か”をマジメに追求するのだ!

都の西北早稲田のとなりは東大だったのだ。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 バカボンのパパの母校としてあまりにも有名なバカ田大学がこの冬、本当に開講するのだ。しかも場所は東京大学! 東大はバカ田大学の世をしのぶ仮の姿だったのだ!

ワシも受けたいのだ! ワシも受けたいのだ!

 これは、「天才バカボン」の生みの親、赤塚不二夫さんの生誕80周年企画の一環で、12月から4カ月限定で開講する特別授業なのだ。

 「バカ田大学」と銘打たれたその趣旨は、バカボンのパパの殺し文句「これでいいのだ」に代表される「赤塚イズム」を再発見すべく、さまざまな分野の第一線で活躍する著名人たちを講師に迎え、それぞれの表現方法で「バカとは」について解き明かしていこうというものなのだ。

 講師陣は河口洋一郎東大大学院教授を筆頭に、漫画家のみうらじゅんさん、イラストレーターの安齋肇さん、劇作家の宮沢章夫さん、コラムニストの泉麻人さんほか。想像しただけでも抱腹絶倒の授業にならないはずがないのだ。

赤塚マンガを語らせたら止まらなそうな顔ぶれがズラリ 赤塚マンガを語らせたら止まらなそうな顔ぶれがズラリ
講師陣 講師陣

 開講期間は12月1日から2016年3月31日まで。場所は東京大学山上会館。授業料は1コマ5500円(税込み)で、受講者全員にオリジナルノートが進呈されるのだ。ただし残念ながらハジメちゃんのような未就学児の受講は不可なのだ。受講チケットは11月14日からチケットぴあアークにて発売されるのだ。

 さあ、バカをとことん追求して天才になるのだ!

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  5. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  6. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  7. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/30/news088.jpg 宮脇咲良、年の離れた弟と“思い出作り”のUSJ旅行で姉弟ショット ファンからは弟の成長に喜ぶ声も「大きくなったね」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」