ニュース
» 2015年11月13日 15時20分 公開

気がつきゃ熟年! 「ズッコケ三人組」シリーズがついに完結

おっさんむせび泣く。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 1970年代生まれの世代には特に懐かしい、あの「ズッコケ三人組」の最新刊「ズッコケ熟年三人組」(那須正幹)が12月1日に発売され、ついにシリーズは終幕となるようです。

ズッコケ熟年三人組書影 「ズッコケ熟年三人組」書影。あの三人組も今や50代ですって!

 「ズッコケ三人組」は、1978年にポプラ社から発売された「それいけズッコケ三人組」に始まる児童向け文学で、イタズラ好きのハチベエ、ふとっちょのモーちゃん、頭脳明晰(めいせき)のハカセの小学生3人組がとっぴな事件やドタバタの冒険に巻き込まれる物語。シリーズ累計2500万部超を誇る国内児童文学最大のロングセラーで、テレビドラマやアニメにもなり、幅広い世代から愛されている作品です。懐かしくて涙が出てくるでしょ。ほら、ハンカチ。

西広島駅前には三人組の石像 舞台のモデルとなったJR西広島駅前には三人組の石像が(Photo by Taisyo CC BY-SA 2.1 JP

 2004年発売の第50巻「ズッコケ三人組の卒業式」でシリーズはいったん終了しましたが、2005年に「ズッコケ中年三人組」となってカムバック。40歳を過ぎた三人組が中年ならではの問題にぶち当たりながら昔を思い出して乗り越えていくという展開で、年1冊のペースで続いてきました。

「ズッコケ中年三人組 それいけズッコケ40歳」書影 大人になってからの「ズッコケ中年三人組」もすでにシリーズ10冊を数える。こちらは12月5日発売予定の「ズッコケ中年三人組 それいけズッコケ40歳」書影

 そんな一連のシリーズの最新作となるのが「ズッコケ熟年三人組」。作者の那須正幹さんも73歳ということもあり、ひとまず完結の運びとなるそうです。50歳の大台を迎えた三人組がどんな活躍で有終の美を飾るのでしょうか。

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む