ニュース
» 2015年11月16日 16時15分 公開

「一生かかっても答えが見つけられるか分からない」 キャストらが語る劇場版アニメ「ハーモニー」の難しさ

11月14日に行われた舞台挨拶の様子をお届けします。

[田下愛,ねとらぼ]

 11月14日、映画「ハーモニー」の公開記念舞台挨拶が行われ、霧慧トァン役の沢城みゆきさん、御冷ミァハ役の上田麗奈さん、零下堂キアン役の洲崎綾さん、マイケル・アリアス監督、なかむらたかし監督が登壇しました。

「ハーモニー」舞台挨拶 左からマイケル・アリアス監督、洲崎綾さん、沢城みゆきさん、上田麗奈さん、なかむらたかし監督

 2009年に34歳の若さでこの世を去った作家の伊藤計劃(けいかく)さんの作品を劇場アニメ化する「Project Itoh」の第2作目となる「ハーモニー」。超高度医療社会となった未来の世界を舞台にした作品で、平和維持活動の最前線にいる監察官・霧慧トァンが、ある犯行グループが起こした大量殺人事件の中にかつて自殺した御冷ミァハの息遣いを感じ、真相を確かめるべく立ち上がっていくストーリーです。もともとは12月4日の公開を予定していた同作ですが、11月公開予定だった「虐殺器官」の制作会社・マングローブの経営破綻により、当初の予定より早まった公開となりました(関連記事)。

 人の生と死にかかわる問題を投げかける、非常に重いテーマを扱う同作。沢城さんは、あらためて見た感想を聞かれ「一言でまとめられない。しばらくぼんやりしてしまった」とコメント。「現代にもありうる、今の自分でも体験できるところがあるんですが、そこが一人では抱えきれず、(誰かと)共感しあわないと分からないと感じました」(上田さん)、「見終わった後、しばらく魂を持っていかれてしまった」(洲崎さん)と声優たちはそれぞれ、同作に込められたテーマを受け止めることの難しさを口にしました。

「ハーモニー」沢城みゆきさん 主役を演じた沢城みゆきさん。自身が演じた霧慧トァンについて、「“個人”を演じた印象がほとんどない」

 「“履歴書”があるキャラクターという印象がないので、トァンがどういう人かと聞かれると、とてもむずかしい。ずっとぼんやりしながらやっている印象があった」という沢城さん。一つ一つのシーンで「これは何を大切にすればいいか」と確認しながら演じたと、現場での苦労を語る一方で、なかむらたかし監督は「芝居がうまいので、そこに非常に助けられた」と沢城さんの演技力を絶賛。

「ハーモニー」なかむらたかし監督 沢城さんを絶賛するなかむら監督

 そして、監督自身がキャラクターをつかむのが大変だったと話す御冷ミァハ役に上田麗奈さんを起用した理由については、「声を聞いたときに『少しイってるな、壊れているな』という感じがしたので」と話し、零下堂キアン役の洲崎綾さんについては、「ミァハが上田さんに決まったときに、もう少し普通な感じの声が欲しかった」と配役決定の裏話を披露。洲崎さんがキャスティングされた理由について「喜んでいいんですね?」と突っ込みを入れると、会場が笑いに包まれました。マイケル・アリアス監督も「三人にして正解だったと思う。非常に立体的な感じがした」とコメントしました。

「ハーモニー」メインキャスト なかむら監督の「イってる」発言に思わずうつむいてしまう上田さん

「ハーモニー」メインキャスト 洲崎さんも自身が選ばれた理由に「喜んでいいんですよね?」と突っ込み。そんな二人を「この場合はほめられている!」と沢城さんが何度もフォローする一幕も

 最後、あらためて作品について聞かれ、「抱腹絶倒な作品ではないですが、心が動かされるという意味では、何よりもエンタメ作品ではないかと思います」と沢城さん。上田さんは一生ものの体験となったようで、「伊藤先生から問題を投げかけられて、一生かかっても答えが見つけられるかは分からないけれど、向き合っていきたい。作品を通して、新しい角度で命を考えることができたのがうれしく、ずっと噛みしめていきたいと思っています」とコメント。洲崎さんは、「生と死という根源的な問題について価値観を揺さぶられる作品にかかわれたことをありがたく思っています。本や言葉にはものすごいパワーが秘められているんだとあらためて感じました」と、作品をアピールしていました。

 演出家の二人も、「伊藤計劃先生の原作がすごくすてきな作品なので、ぜひ、読んでいただきたい。本当は先生にも映画館で見せてあげたかった」(アリアス監督)、「非常に皮肉の効いた物語ですが、それでも人生の中に持ち込める何かが得られれば救われるんだろうなと、そんな思いをこめて演出をしたつもりです」(なかむら監督)と、作品への熱い思いを語りました。

 映画「ハーモニー」は、TOHOシネマズ新宿ほか全国劇場にて公開中です。さらに東京アニメセンターでは、「屍者の帝国」「ハーモニー」「虐殺器官」に使用された原画や資料を展示する「Project Itoh」展が11月23日まで開催中。映画とあわせて見に行くのもよさそう。

「Project Itoh」展 「Project Itoh」展

 また、劇場公開を記念して、「WebNewtype」に掲載中のコミック版「ハーモニー」が、12月9日まで期間限定で全話無料公開中。こちらも要チェックです!

(C)Project Itoh/HARMONY

 

田下愛

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」